ATODUKE1 ~世の中には「なぜ?」が溢れている~

[Others]

<<[Classic]ストレス・ショッピング

さぁ、始まりましたATODUKE!
前回ご好評につきおかげさまで公式イベント化!
今回はその記念すべき1回目です!

そしてなんと、公式イベント化に合わせて優勝者に与えられる称号ができました!
その名も「アット公爵」

皆さんには称号獲得を目指して、以下のお題の理由を考えていただきます。
今回のお題はこちらの2つ。《真相》はネットなどの情報を元に、総合的に判断して掲載しております。

Q1、なぜ、乾杯の時にグラスとグラスをぶつけるのか?
《真相》
古代ヨーロッパの時代に以下の2つの理由から行われるようになったと考えられている。1つ目は、グラスとグラスがぶつかる音で周囲にいる悪魔を追い払うため。2つ目は、酒に毒を盛り殺害する事件が多かったため、グラスをぶつけて互いのグラスに酒を少し入れることで、毒入りでないことを証明し合った。現在ではその名残で、喜びや楽しさを表す、親交を深めるといった意味で行われている。

Q2、なぜ、サッカー選手は子供と手を繋いで入場するのか?
《真相》
子供たちに夢や希望を与えると同時に、子供たちの目の前で恥ずべき行為をしないという、フェアプレーを誓う意味で行われている。


【スケジュール】
投稿期間 4月1日(日)19時頃~4月7日(土)21時頃
投票期間 4月7日(土)21時頃~4月10日(火)23時頃
結果発表 4月10日(火)23時半頃


【参加方法】
(1) 投稿フェイズ
参加される方はまずチャット欄で参加表明を行ってから投稿をしてください。
4月7日の21時頃になりましたら、ヒント欄にて投稿締め切りのアナウンスを行います。

(2) 投票フェイズ
投稿締め切りのアナウンス後、投票所を設置いたします。
投稿をした方もしていない方も投票に参加いただけます。
投票場所や締め切りのタイミングは全てヒント欄でお知らせいたします。


【 注意点 】
(1) 投稿について
・《真実》および既に投稿されている理由と同じ内容のものは投稿できません。
・投稿はどのお題につきましても、1人何回でも可能です。
・文頭にタイトルと、どれについての理由か分かるように「Q~」と書いてください。
・投稿をされた方は、この後の投票にも出来る限りご参加ください。
・締め切り以降の投稿は無効とさせていただきます。

(2) 投票について
もっともらしいと思った理由であれば、いくつ選んでくださって構いません。
・主催者は投票しませんが、一位が複数ある場合はそのうち1つに1票を投じさせていただきます。
・投稿していない方も投票に参加できます。


ATODUKEの詳細は、https://wiki3.jp/cindy-lat/page/27 をご覧ください。
さあ、最初に「アット公爵」の称号を手にするのは一体どなたなのでしょうか!?


Creator:
Created At: Apr 1, 2018, 10:10 AM
Solved At: Apr 10, 2018, 3:21 PM
Tags:
ATODUKE
Q1
Apr 1, 2018, 10:18 AM
Q2 試合前のサッカー選手は興奮状態にあり、そのまま敵チームと対峙すると乱闘が始まってしまいかねない。
子供と手をつなぐことで、ストレスを緩和するホルモン「オキシトシン」の分泌が促進され、こうした闘争心を抑制できるのである。
[Edited (2)]
A1
Apr 10, 2018, 3:00 PM
確かに子供の手を握ると優しい穏やかな気持ちになります。
Q2
Apr 1, 2018, 10:19 AM
Q1:かつてヨーロッパの某国では貴族達がその富と権力を誇示するため頻繁に豪華絢爛なパーティーを開催していたのだが、隣国との戦争によりその国は疲弊し、貴族達も金銭的な余裕を失っていった。そんな折、とある貴族がパーティーを開いた。この際、彼は参加人数分の脆弱なグラスを準備させ、パーティー参加者に使わせた。そんな事を知らない参加者達はこのグラスを使用し、多くの者がグラスを破損させてしまった。そして主催者の貴族は彼らにグラスの弁償金として多額の金銭を要求した。この事があってからというもの、貴族のパーティーではグラスが配られた時点で参加者達がグラス同士を軽くぶつけ合い、充分な強度があることを確認するのが慣例となった。この動作は主催者の面前で行われ、グラスが割れた場合にはグラスをぶつけた者の責任は無く、グラスを弁償する必要は無いという法令が施行された。 [Edited (4)]
A2
Apr 10, 2018, 3:00 PM
割れやすいグラスを用意して弁償するように求める、これはとても悪徳ですね。
Q3
Apr 1, 2018, 10:20 AM
Q2:足を繋ぐと歩きにくいから。
A3
Apr 10, 2018, 3:00 PM
そういうことじゃないww
Q4
Apr 1, 2018, 10:23 AM
Q1 現在では「乾」の字が用いられているが、もともとカンパイのカンとは、杯をぶつけるときの擬音を表していた。ではなぜぶつけるのかって?知らん。
A4
Apr 10, 2018, 3:01 PM
そこが肝心なのに!思わずずっこけてしまいましたw
Q5
Apr 1, 2018, 10:38 AM
Q1 ボクシングで試合開始直後に相手ボクサーと手と手を合わせるように、昔は、宴会などで酒の飲み比べをするときにも、最初に軽くグラスとグラスを合わせてから、一気に飲み始めるものだったが、その名残で、今は飲み比べでないときにも、アルコールを含まない飲み物のときにも、飲み始める前に互いにグラスとグラスを合わせるようになった。
A5
Apr 10, 2018, 3:01 PM
お酒の飲み比べは急性アルコール中毒にならないように注意が必要ですね。
Q6
Apr 1, 2018, 10:40 AM
Q2:数万人の観客が集まるスタジアムでは毎試合多くの迷子が出てしまう。そこで迷子達の親が我が子を見つけやすくするためにサッカー選手達は迷子を連れてグラウンドに入場している。この行為により、99%以上の迷子が親元に帰れるようになったと言われている。
A6
Apr 10, 2018, 3:01 PM
あの子供たちは迷子だったのですか!?よく毎回あんなに迷子がいますねー。もしかして、迷子が少なかった時は子供を連れs……
Q7
Apr 1, 2018, 10:42 AM
Q2 子供の手をブチギレるぐらいにバカ強く握りしめて、スポーツ選手としての握力を子供たちに思い知らせ、アスリートの凄さを見せつけて、将来、サッカー選手を目指させるため。  
一般には知られていないが、実は入場の際、サッカー選手は歯を食いしばるぐらいに子供の手を握りしめることが義務とされており、直前で知らされた子供たちの中には「いてえなゴルア!!」とサッカー選手に殺意を抱く子供も少なくないとか何とか。
[Edited (1)]
A7
Apr 10, 2018, 3:02 PM
相撲界、レスリング界と来て、今度はサッカー界の闇が明らかになったのです。
((;゚Д゚)ガクガクブルブル
[Edited (1)]
Q8
Apr 1, 2018, 10:52 AM
Q1 透明で見えづらいグラスが、現実に存在していること、幻覚ではないことを、はっきりさせるため。 [Edited (2)]
A8
Apr 10, 2018, 3:02 PM
グラスを初めて手にとった人が、その透明さに驚いてグラス同士をぶつけたということでしょうか。
Q9
Apr 1, 2018, 10:54 AM
Q2 サッカー場に子供を連れ込み、ボールとして使用するため。ボール(子供)は友達!
A9
Apr 10, 2018, 3:03 PM
うん?丸いボールを使っていたと思うのですが、あれは子供なんですか?今やってるサッカーを見てみましょうか。
Q10
Apr 1, 2018, 10:55 AM
Q1:「乾杯」という文字が示すように、元々は会食の場において客がグラスの中身を飲み干してグラスが空になったとき(すなわち杯が乾いたとき)に「もう一杯注いでくれ」というサインとしてグラス同士をぶつけて音を鳴らし給仕を呼んでいた。しかしこの動作の意味を知らない者がこれを見て御洒落だと感じ、グラスに中身が入っている状態でもこの動作をするようになり、それが広まって現在の形式となった。 [Edited (1)]
A10
Apr 10, 2018, 3:03 PM
グラスの音で給仕を呼ぶ、何だか粋ですね。間違って行われるようになったというのも、人間の長い歴史の中ではしばしば見られることですね。
Q11
Apr 1, 2018, 11:00 AM
Q2:グラウンドに辿り着けず迷子になってしまう困った選手が一定数いたため、グラウンドまで案内する子供を選手一人一人につけるようになったから。
A11
Apr 10, 2018, 3:03 PM
6と同じと思いきや、よく読んでみると迷子になったのはなんと選手の方!
Q12
Apr 1, 2018, 11:01 AM
Q12両方 なんとなく [Edited (2)]
A12
Apr 10, 2018, 3:04 PM
出た!困ったときの「なんとなく」
Q13
Apr 1, 2018, 11:05 AM
Q2. 背が低い子どもと手をつなぐと、子どもの方に身体が傾くことは皆経験があるだろう。
世界初のサッカー場は、入場門から奥に向かって傾斜が大きく下っていた。そのため、ピッチ左側のチームの選手は左手を、右側の選手は右手を子どもとつなぐことであらかじめ身体を傾かせ、平衡酔いを予防していたのだ。
A13
Apr 10, 2018, 3:04 PM
サッカー場が傾いていたら、ボールがよく転がるのです。
Q14
Apr 1, 2018, 11:20 AM
Q2:サッカーは冬のスポーツである。スポーツ選手は体を鍛えることにより高い基礎代謝を維持しておりサッカー選手も御多分に漏れず一般人と比べると基礎代謝が高く体温も高いのだが、基本的に脚を中心に鍛えており腕はあまり使用しないため手が冷たい選手が多い。かつては試合開始寸前まで携帯用使い捨てカイロを携行する選手が多かったのだが、試合開始の際にそれをフィールド内に捨てる選手が現れ批判の的となったため、現在では基礎代謝の高い子供と手を繋ぐことで手を温かく保っている。 [Edited (1)]
A14
Apr 10, 2018, 3:05 PM
サッカーが冬のスポーツというのは本当なんですかね?前提が本当なのか嘘なのか分からなくなるのはATODUKEあるあるです。
Q15
Apr 1, 2018, 11:31 AM
Q1. ヒトの遠い祖先にあたる生物が原生生物の「ケテルプンクル」であることは、今や疑いの余地がない。
ケテルプンクルはケイ素を含む「触毛」と呼ばれる突起を持っており、これを他の個体とぶつけることにより、同・異種の判別、相手の大きさの推定を行なっていたとされる。触毛をぶつけあった時に発生する音の周波数が特定の値の時、両者は相手を成熟した個体とみなし互いに近づいて接合を行い、遺伝子の多様性を獲得し進化していった。
この特定の周波数が、乾杯の時にグラスが発するものと極めて近いことが近年明らかになった。太古の記憶がヒトの親交を深める行為として残っているというのは、非常に興味深い話題である。
[Edited (3)]
A15
Apr 10, 2018, 3:05 PM
乾杯の由来がまさかヒトの起源と結び付いていたとは!赤ちゃんがビニール袋の音を聞くと落ち着くのは胎内の音と似ているからというのと同じような論理ですかね。
Q16
Apr 1, 2018, 11:33 AM
Q1昔はグラスの質を確かめるため2つのグラスをぶつけた音を聴いて確かめていた。それが贈り物を貰ったときに贈った人と貰った人で行われるようになる。それが乾杯するときにグラスをぶつけるようになった。 [Edited (1)]
A16
Apr 10, 2018, 3:06 PM
ほう、音の高低でグラスの質が分かるとはだいぶ通ですね。
Q17
Apr 1, 2018, 11:40 AM
Q1 大規模な内乱・戦時で国が荒れている時代には、町のどこに敵や賊が潜んでいるのかわからずだれしも息を潜めて生きる必要があった。特に生きる上で必要である『食事』においては静かに食べることが重要とされてきた。(食事においてスープをすする際に音を立てることがマナー違反というのもこの名残である。)
だが、年がら年中争いが起きているわけではない。今となってはありふれた、しかし当時はささやかな平和を享受することができる時に、彼らは大いに喜んだ。大きな声で歌を歌ったり、広場で踊ったり、楽器を演奏したり。そのような形で「いま自分たちは平和である」ということを表現してきた。グラス同士をぶつけるという所作に関しても同様で、わざと音を出すことで「音を出しても誰にも襲われる心配がない=今自分たちは平和である」という事実を隣人たちとわかちあっているのである。
余談だが『お酌』という行為に関しても「自分の家の酒を他の人に渡すことができる=それだけ安定した暮らしが約束されている=平和」ということをさしており、宴会の席でのマナーはこの時代の平和を喜ぶ風習から引き継がれてきているということが分かる。
A17
Apr 10, 2018, 3:06 PM
乾杯とお酌は共に平和の象徴ということですね。乾杯の由来がお酌の由来にも結びつけられていて説得力があります。
Q18
Apr 1, 2018, 11:53 AM
Q2 フィールド外での少年少女に対するハンドは反則であるため、せめて試合が始まる前だけでも子供と触れ合う機会を与えるべきだという主催者のご厚意
A18
Apr 10, 2018, 3:06 PM
なんだその変態思考はw 17と18の緩急が激しいですw
Q19
Apr 1, 2018, 12:03 PM
Q2. かつてサッカーに線審がいなかった頃、ラインやゴール付近のきわどいプレーに誤審が相次いだことがあった。
そのため、テニスのボールボーイのようにタッチライン、サイドライン、ペナルティエリアラインなどに合計22人の子どもを配置し、「アウト!」「サイドネット!」「バー!」などと叫ばせていた。子どもたちを誘導するために、ポジションの近い選手が手を繋いで一緒に入場したのである。今はその名残り。
A19
Apr 10, 2018, 3:09 PM
なるほど。サッカーとは別のテニスに視点を向けてそこから着想を得たわけですね。
Q20
Apr 1, 2018, 12:40 PM
Q1. Glassは「硝子」「眼鏡」「グラス」の意味を持つ多義語であるが、glは「光」の意味を持つ接頭辞である(Glossが「光沢」、Glowが「柔らかく輝く」という意味を持つことからも、これらは明らかであるといえよう)。ところで、現代においてglとはgirls love、すなわち女性同士の恋愛を表すことがある。町川茜氏の研究に拠れば、(「愛と藍―同音異義語の同根性の研究―」,2011)、「この事実を偶然として切り捨てることは出来ない」。というのも「「光」というのは多く恋愛の表象である」ためである。字数の関係で詳述は避けるが、同氏はglが「恋愛」の意を含有していることを明らかにした。ここで、Glassに戻ろう。眼鏡、硝子、グラス。これらはカップルの代替(ヴァーチャルな自己と相手)として存在する。Glassをぶつけ合う行為は、自己と相手の精神的結合を意味し、それによってGlass(自己と相手)が破損しないことを確かめあうというのが、この作法の原義であったのだ。 [Edited (2)]
A20
Apr 10, 2018, 3:07 PM
言語学的視点と哲学的視点が組み合わさった複雑な理由です。こういう専門性が高いような理由はそれっぽく聞こえるから不思議です。それにしても、著者名といい、作品名といい、ネーミングセンスがピカイチです。
Q21
Apr 1, 2018, 12:41 PM
Q1 古来ガラスは希少品であり、ガラスはより純度が高ければ高いほど、高く澄んだ音を鳴らすとされており、権力者たちが食事の前に権威を示すために乾杯を始めた。
ちなみに、グラスに対してワインの量を少なくする文化は今も根付いているが、これは内容物の量を少なくすることで少しでも音の高さを高くしようとしていた権力者たちの見栄の名残である。
[Edited (2)]
A21
Apr 10, 2018, 3:09 PM
確かに言われてみれば、グラス一杯には飲み物を注ぎませんね。その点とグラスに入った液体の量によって音程が変わることをうまく結び付けていると思います。
Q22
Apr 1, 2018, 12:57 PM
Q2. 子供と会話をすると自然と視線が下がるため、試合に入ったとき、視線が下にいきやすくなるから。
A22
Apr 10, 2018, 3:10 PM
首が下に曲がりやすくなって、目線を下へと向けやすくなるということですかね。
Q23
Apr 1, 2018, 1:15 PM
Q2 元々は、「試合外は互いに友人たれ」という、サッカーの生みの親グリフィッツ伯爵の格言に従い、対戦する選手同士が手をつないで入場していたが、20世紀中盤からのサッカーの商業化に伴い、大の男同士が手をつなぐ入場シーンが観客や視聴者の不興を買い、子どもと手をつないで入場する形式になった。
A23
Apr 10, 2018, 3:10 PM
見る人のためにスポーツのルールやならわしが変更されるということはしばしばありますね。例えば、柔道の試合で、一方の選手が青の柔道着を、もう一方の選手は白の柔道着を着ているのは、見ている人が分かりやすいようにするためらしいです。
Q24
Apr 1, 2018, 3:14 PM
Q2. 今のサッカーの原型が確立したのは戦国時代の日本とされる。しかしそこは生き馬の目を抜く時代。今川氏真軍対武田信玄軍の試合では入場中にも選手の裏切りが相次ぎ、3(退場1)対18名の試合になったことがあった。この事態を重くみた今川家が、嫡男などの人質を連れて入場するよう選手に要求したことが由来である(今川累代記)。
現代に入りこの風習は廃れていたが、1952年のメーシの入場中電撃移籍(亡命との説も)を機に再開された。以後ファンの子どもの手を振りほどいての入場中移籍は、現在に至るまで行われていない。
[Edited (3)]
A24
Apr 10, 2018, 3:10 PM
まだ入場中電撃移籍で良かったですねw 試合中だったらオウンゴール連発になっていたでしょう。 [Edited (1)]
Q25
Apr 1, 2018, 9:29 PM
Q1.『乾杯』は元々、お互いのグラスをぶつけ合い、先に相手のグラスを割った方を勝ちとする競技だった。
競技の後、負けた方が「乾杯(完敗)。」と宣言するのが、決まりである。
[Edited (2)]
A25
Apr 10, 2018, 3:11 PM
「乾杯と完敗をかけられないかなぁ」と思って考えられた理由であることが伺えますw 図星ですよね?
Q26
Apr 2, 2018, 2:20 AM
Q1 『乾杯』はもともと『君の瞳に乾杯』というのが正式であり、グラス同士をぶつけるのは乾杯によって動揺してしまった女性にお酒を飲むことを促すための動作であった。しかし、この手法が世界的に大流行し、ありふれたものになってしまったので、今は飲み始めの合図として体良く『乾杯』という言葉と『グラスをぶつける』という動作だけが残ったのである
A26
Apr 10, 2018, 3:11 PM
『君の瞳に乾杯』こんなキザなセリフ私は言えません(>_<)
Q27
Apr 2, 2018, 9:14 AM
Q2 サッカーの元となった行為は、元来1対1で行われ、
足のみで行われた勝負に敗れたので足以下と考えられ、
「敗者は勝者の言う事を一つ聞かなくてはならない」という命を賭けた決闘めいたものであった。
そのため、勝負前に自身の家族と手を握りあい、
「必ず勝って生きて帰る事を誓っていた(今生の別れとなる可能性も高い)」
その行為の名残で、選手の無事を祈る事も込め、子供と手を握り合う形で入場しているのである。
A27
Apr 10, 2018, 3:12 PM
1人で攻めと守りを行うのはとても大変そうです。
Q28
Apr 2, 2018, 9:27 AM
Q1 乾杯の元となった行為は、元来、邪教で悪魔を呼び出す儀式として考えられた行為であった。
 杯に自らの血を注ぎ、向かい合って互いの血の注がれた杯をぶつけ、音を鳴らし、自らの血を飲み干す事で儀式は完了した。
 この儀式が見つかった場合、怪しまれると考えた邪教は、「一般的な食事の作法」として、
 血ではなく、水や酒であれば普通の行為となるようにこの行為、乾杯を流布した。
 涙ぐましい努力のかいあって、乾杯は浸透したが、そもそもの邪教の方は廃れ、乾杯だけが残ったのである。
A28
Apr 10, 2018, 3:13 PM
本来の理由は「周囲にいる悪魔を追い払うため」。「悪魔を呼び寄せるため」というのは、まさに逆転の発想です。
Q29
Apr 2, 2018, 9:55 AM
Q1 特にお酒に規制が無かった古代。
 普段から酔っている者も多かったが、議会など大事な行事の前には酔いをある程度覚ます必要があった。
 そのため、最も手近にある杯同志をぶつけ高音を出す事で気つけとしていた。
 そこから、何かを開催するにあたり、お互いに杯をぶつけ音を出す乾杯がうまれた。
A29
Apr 10, 2018, 3:16 PM
こちらは、乾杯は「飲む前に行うもの」という固定観念を取り除いて作られた理由です。 [Edited (2)]
Q30
Apr 3, 2018, 3:55 AM
Q2 サッカーは、本場イングランドでは「Football」と呼ばれているが、歴史的に労働階級で行われている「乱暴で卑俗な遊び」とみなされていたこともあり、産業革命以後、階級問わずプレーされるようになった後も、「Hoot-ball」(無価値なボールという意)という蔑称で呼ばれることが少なくなかった。当然、この「ball」は隠語で、「Hoot-ball」は「タマ無し」という意味であった。現在のように隔離されたスタジアムは存在せず、誰でもグラウンドへ無償で入場・観戦できた当時には、その蔑称で囃し立てられることは日常茶飯事であり、それを快く思わなかったイングランド一部のサッカーチーム(諸説あり)が、自らの子供を引き連れ入場することで、「タマ無し」ではないことをアピールしたのがきっかけである。国際試合での導入は遅れ、実際に子供の手を繋いでの入場が行われたのは1933年、ヒトラー政権下でのドイツ代表が、「ドイツ男性の男らしさ」を表すことで、国家の威信を示すために行ったものであった。 [Edited (6)]
A30
Apr 10, 2018, 3:18 PM
軽い下ネタを取り入れながらも、ただの下ネタで終わるのではなく、歴史的背景を詳細に記述した説得力のある理由に仕上がっています。
Q31
Apr 3, 2018, 4:16 AM
Q1 乾杯の原型と呼べる、食前における挨拶は13世紀末にはすでに行われていたが、現在の方法とは違い、親指、人差し指、中指でグラスを持ちながら、小指だけで、「指切りげんまん」のように握手を交わす方法が主流だった。この方法は強く握ることで挑発行為にもなりうる通常の握手とは違い、力の入りづらい小指を用いることで、軋轢が生まれないために考案された方法であったと考えられている。17世紀末フランス貴族の間で流行しはじめた、グラスをぶつけあい音を鳴らすことで行う、現在の「乾杯」は、食事中に音をたてることを失礼とした当時の欧州の食文化・慣例においては本来ご法度だった。フランス国王ルイ14世がオーストリア国王オットー公爵との晩餐で、古典的な方法での「挨拶」を行おうとしたところ、うっかりグラスをぶつけてしまった。ユーモア溢れる君主として知られるオットー公爵は多くの家臣を伴う晩餐の場で、ルイ14世に恥をかかせないために、とっさに「chouette」と言った。これは英語における「smashing」に匹敵するフランス語であり、「ぶつかる」と「素晴らしい」という二つの意味を持った言葉である。オットー公爵はこの一言によって、「ぶつかることは素晴らしい」という意味を表現した。この逸話が広まるとともに、お互いグラスをぶつけ合い「chouette」と言うことが粋だという風潮が広まった。現在、英語で乾杯を「cheers」と呼ぶのは、この「choutte」がイギリスなまりになったものが由来とされている。 [Edited (7)]
A31
Apr 10, 2018, 3:19 PM
「chouette」と「cheers」を調べてみたら、「cheers」は「乾杯」という意味の英単語が存在しますが、「chouette」は存在しない単語なんですね。真実と嘘の境界線が分からなくなってしまうような力作です。
Q32
Apr 6, 2018, 9:13 AM
Q2 サッカーでは御存知の通り一定の範囲内にいるゴールキーパーを除いて手を用いることが禁止されている。また、手で相手プレイヤーの服を掴むなどという卑劣な行為に用いられることもあり、試合前に純粋無垢な子供たちと手を繋ぐことにより、その手を故意に反則に用いようとするのを防ぐ目的で行われている。 [Edited (1)]
A32
Apr 10, 2018, 3:20 PM
子供たちと繋いだ手を汚すような行いはできませんからね。
Q33
Apr 6, 2018, 9:18 AM
Q1 昔、某国にはドジで失敗ばかりするものの人望が厚くて心優しく、国民の誰からも愛されている国王がいた。ある宴の席で、国王が挨拶の為に壇上へ上がろうとした際に階段でつまづき、近くにいた家臣と杯をコツンとぶつけてしまったのだが、王様のプライドを守るため家臣の咄嗟の判断により、「これは宴を始めるための挨拶です」と紹介したことで瞬く間に広がり、いつしか世界的な恒例行事となったのだ。 [Edited (1)]
A33
Apr 10, 2018, 3:21 PM
なるほど。家臣の機転によって王様はメンツが保たれたわけですね。
Q34
Apr 6, 2018, 1:05 PM
Q1.
中世ヨーロッパのある国では、音楽好きの国王が、要人を招いたり祝い事があるたび、食事会を開きその前に、今で言うクラッシック音楽の演奏会を開いていた。
これが乾杯の元となっていると言われている。
毎度毎度、新曲を作らせ、オーケストラを招いていたのだが、
次の代の王で、前王を尊重し、行為自体は続けるが、新曲である必要はないのでは、
次の代の王で、同様に続けるが、オーケストラの縮小…と、
規模が小さくなりながら世間に広まった。
最終的には、一般大衆でも可能である、その場にあるグラスで音を鳴らすだけの乾杯となったのである。
A34
Apr 10, 2018, 3:21 PM
オーケストラからグラスを鳴らすだけになったとは、だいぶ経費削減しましたね。

皆さんたくさんの投稿ありがとうございましたm(__)m
これより投票に移ります。投票所はこちらです。
http://start30.cubequery.jp/ans-02994342

Apr 7, 2018, 12:01 PM

皆さんたくさんの投票ありがとうございましたm(__)m
これより集計に入ります。
結果発表までしばらくお待ちください。

Apr 10, 2018, 2:09 PM

お待たせしました!皆さんお待ちかねの結果発表です!
(便宜上、タイトルをこちらで勝手につけています。)

まずは第3位、5票獲得した
No.2 おっさんの「脆弱なグラス」 (Q1)
No.17 二股ストローさんの「平和の象徴」 (Q1)
No.19 丼さんの「子供審判」 (Q2)
No.30 あさだ みしもさんの「Hoot-ball」 (Q2)
No.31 あさだ みしもさんの「chouette」 (Q1)
No.32 エルナトさんの「ハンド」 (Q2)
No.33 エルナトさんの「ドジな国王」 (Q1)

続いて第2位、6票獲得した
No.1 人参さんの「オキシトシン」 (Q1)
No.10 おっさんの「『もう一杯!』」 (Q1)
No.23 m-karさんの「試合外は互いに友人たれ」 (Q2)

そして第1位に輝いたのは……
8票獲得したこちら!

No.21 悲しいカーテンさんの「高く澄んだ音」です! (Q1)

悲しいカーテンさん、アット公爵獲得おめでとうございます!

グラスの中に飲み物を少ししか入れない風習とグラスの中の液体の量によって音程が変わる現象をうまく絡ませているところが、もっともらしいと多くの人が思った理由なのではないでしょうか。

投票結果はこちらになります。

皆さん、投稿・投票ありがとうございました!


Creator:
Please or to join
Add replay
Patron:
アシカ人参
, with 3 anonymous patrons.
Donate using Liberapay
Cindy