ATODUKE2

[Others]

<<[Classic]おもひでボロボロ

[新&形式]ATODUKE2 
~世の中には「なぜ?」が溢れている~

ついに第2回が開催!ATODUKE2!!
Cindy初の公式イベントの第二回、その優勝という栄光を勝ち取るのは一体誰なのか?!

優勝者には唯一称号
「アット公爵」が引き継がれます!

皆さんには称号獲得を目指して、以下のお題の理由を考えていただきます。
今回のお題はこちらの2つです。《真相》はネットなどの情報を元に、総合的に判断して掲載しております。

Q1、なぜこどもの日にあげるのは「鯉」のぼりなのか
《真相》
鯉は生命力が強い魚であり、どのような環境でも力強く成長し、立派に育つような願いを込めるため
ㅤㅤㅤㅤ
Q2、なぜ、電話をかける時にもしもしというのか
《真相》
昔の電話は性能が悪く、声が聞き取りづらかったために、話し始める前に何か言葉が必要だったから

【スケジュール】
投稿期間 5月5日(土)~5月12日(土)21:00頃
投票期間 5月13日(日)15:00時頃~5月18日(金)21:00頃
結果発表 5月20日(日)15:00頃

【参加方法】
(1) 投稿フェイズ
参加される方はまずチャット欄で参加表明を行ってから投稿をしてください。
5月12日の21時頃になりましたら、ヒント欄にて投稿締め切りのアナウンスを行います。

(2) 投票フェイズ
投稿締め切りのアナウンス後、投票所を設置いたします。
投稿をした方もしていない方も投票に参加いただけます。
投票場所や締め切りのタイミングは全てヒント欄でお知らせいたします。

【 注意点 】
(1) 投稿について
・《真実》および既に投稿されている理由と同じ内容のものは投稿できません。
・投稿はどのお題につきましても、1人何回でも可能です。
・文頭にタイトルと、どれについての理由か分かるように「Q~」と書いてください。
・投稿をされた方は、この後の投票にも出来る限りご参加ください。
・締め切り以降の投稿は無効とさせていただきます。

(2) 投票について
・もっともらしいと思った理由であれば、いくつ選んでくださって構いません。
・主催者は投票しませんが、一位が複数ある場合はそのうち1つに1票を投じさせていただきます。
・投稿していない方も投票に参加できます。

ATODUKEの詳細は、https://wiki3.jp/cindy-lat/page/27 をご覧ください。
さあ、「アット公爵」の称号を引き継ぐのは一体誰になるのでしょうか?!


Creator:
Created At: May 5, 2018, 11:15 AM
Solved At: Jul 13, 2018, 12:50 AM
Tags:
ATODUKE
Q1
May 5, 2018, 11:28 AM
Q1 「恋」と「鯉」をかけているから。いずれもう少し成長した時に、力強い「恋」をしてほしいとの願いを、「鯉」に込めているのである。
Wait for answer...
Q2
May 5, 2018, 11:33 AM
Q2 電話が作られたころは世界的な戦争中であり、電話は身内の死の知らせに主に使われていた。毎回、「もしも、死の知らせだったら……どうする?」と、毎回、最初に前置きするのである。それが当たり前なほどの、世紀末的な情勢だった。やがてそれが落ち着き、その慣習が忘れられる頃になっても、最初の「もしも、し」まではその名残で残り、今でも多くの人がそれと知らずに使っているのである。
Wait for answer...
Q3
May 5, 2018, 11:33 AM
Q1 鯉コクが超ウメエから
Wait for answer...
Q4
May 5, 2018, 12:25 PM
Q2 「もしもし」は「申し上げる、申し上げる」の略である。日本における電話の黎明期は明治の初めであり、電話機を所持できたのは当然ながら上流階級だけだった。電話を取り入れるほど進取の気質を持った上流階級は薩長をはじめとする士族の出がほとんどだった。彼らが武士だった時代に慣れ親しんだ情報伝達時の決まり言葉を電話での会話時にも取り入れたのは当然とも言えよう。それが縮められ、親しまれて全国に広まったものである。
Wait for answer...
Q5
May 5, 2018, 12:44 PM
Q2 日本に固定電話が普及した当初、個人に電話を繋ぐには電話局を仲介しなければならなかった。この電話局から個人相手の電話へと移行するとき、必ずくぐもった雑音が入った。このため、この雑音を電話を介した会話の始まりとする暗黙の了解ができていった。しかし技術が進歩し電話局の仲介を必要としなくなった際にこの雑音が聞こえなくなった。このとき人々は既にあった暗黙の了解に倣って雑音の代わりにオノマトペを電話越しに伝えるようになった。その時のオノマトペが「もそもそ」というくぐもった雑音を踏襲したものだったが、聞き取りやすさの観点から徐々に「もしもし」へと進化していった。今でも「もそもそ」という地域は点在する。
Wait for answer...
Q6
May 5, 2018, 12:48 PM
Q2 日本語の「し」の発音は無声歯茎硬口蓋摩擦音と呼ばれ、非常に聞き取りやすい音であることから、電話が通じているか確認する用途には適している。もともとはこの「し」の音を使って「し、し」と発音していたのだが、西洋文化の流入とともに裏拍を取るようになり、「ン、し、ン、し」と発音されるようになった。これが訛って現代の「もしもし」になったといわれている。 [Edited (1)]
Wait for answer...
Q7
May 5, 2018, 12:54 PM
Q1 そもこどもの日として設定される5月5日は端午の節句であるが、これは大陸の暦である。この時期、もともと日本では田植えなどの様子を詠む、夏の歌会が催された。前述の通りこの歌会は田植えと同じ時期に行われたため、一年の無病息災や豊穣を祈った句が好んで詠まれた。こうした句に生命の象徴として詠み込まれたのが鯉であり、鯉のぼりはその名残である。
Wait for answer...
Q8
May 5, 2018, 12:54 PM
Q1】プロ野球の応援においては7回の攻撃が始まる前にファンがジェット風船を飛ばすのが慣例になっているが、1950年代に子供の日の特別イベントとして広島カープ(現在の広島東洋カープ)が鯉を模したジェット風船を球場でファンに配り、これを飛ばしていたことがあった。しかし御存知のように広島市民球場(現在のMAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島)には屋根が無く、ジェット風船が風で飛ばされて球場近辺の家の屋根や電柱に引っ掛かることが多発した。これを見た近隣の熱狂的カープファンが球団を応援するために鯉を模したジェット風船を日常的に家の外に飾るようになり、他のファンも追随してもっと強靭な素材で鯉を模した幟を飾るようになって、次第に全国に広まっていった。 [Edited (4)]
Wait for answer...
Q9
May 5, 2018, 12:56 PM
Q1 あの幟に描かれているような美しさと力強さを兼ね備えた魚を「鯉」と呼ぶことにした。
Wait for answer...
Q10
May 5, 2018, 1:03 PM
Q2これは電話が日本に持ち込まれたときのことである持ち込んだ人の出身国では日本語で「もし」と聞こえる単語の意味は「テスト」これが広まった
Wait for answer...
Q11
May 5, 2018, 1:04 PM
Q2 クイズという言葉の語源とおなじである。電話という情報伝達手段が広く馴染まれたころ、これを利用して意味のない言葉を流行らせようと考えた言語学者上杉武三郎が、人に覚えられ易いように同じ響きを持たせて作ったのが「もしもし」だ。 [Edited (1)]
Wait for answer...
Q12
May 5, 2018, 7:35 PM
Q2】19世紀後半に日本国内で電話事業が立ち上げられた頃、電話は主に軍事機密の伝令に用いられていたのだが、当時の電話使用料は非常に高額であり、電話使用者は通話時間の短縮のために略語を使用することが多かった。例えば通話開始時に電話の目的を端的に伝えることは必須となっており、身分が下位の者から上位の者に情報伝達する場合には「しも、しも(下、下)」と言って自らの地位を相手に伝えることが義務であった。しかし20世紀に入り電話が一般市民にも普及すると、多くの者が単なる礼儀として自らを遜るために「しもしも」と言うようになった。さらに20世紀中頃を過ぎると、ある芸能人が業界用語として「しもしも」を逆にした「もしもし」という言葉を用い、これが爆発的に流行。以降、全国的に通話開始時には「もしもし」と言うようになった。近年とあるバブル芸人が「しもしも~」というネタでノスタルジックなバブル期を演出してお茶の間を賑わわせたが、実は「もしもし」ではなくこの「しもしも」の方が本来の正しい言葉である。 [Edited (1)]
Wait for answer...
Q13
May 5, 2018, 8:46 PM
Q2 「しも」の話をしたいので、そのカモフラージュで「も」「し」で挟んだ
Wait for answer...
Q14
May 6, 2018, 12:07 AM
Q2;昔、電話をかけるときは本人に直接つなぐのではなく、一度、中継してもらう必要があったのは明確な事実である。そのとき、相手方(中継してくれる人)に失礼がないようにしなければならなかった。そんな中、かつてある劇の電話をかけるシーンにおいて、ある劇団員が観客の方と交換手に同時に敬意を表さなければと、テンパってしまい「申し、申し」と繋げて言ってしまった。このセリフをマスコミがいじり倒し、大衆に浸透したのが「もしもし」である。 [Edited (1)]
Wait for answer...
Q15
May 6, 2018, 1:56 AM
Q1 江戸時代、飢饉により贅沢が禁止されたことがあった。もちろん吉日も例外ではなかった。そのため庶民の肉として親しまれた鯉も食べられなかったのだが、端午の節句のときには鯉を模した飾りつけを家族全員に見える位置に掲げることで、鯉を食べる代わりとする風習が生まれた。
Wait for answer...
Q16
May 6, 2018, 4:46 AM
Q1
鯉のぼりの歴史を紐解くと凡そ江戸時代後期にまで遡ることが出来る。
江戸時代では端午の節句の縁起物として、軒先に数日間吊るして熟成させた鯉を刺身にした物が食されていた。
(余談ではあるが、武士を含め当時ほとんどの人々が経済的な理由から見栄えはあるが比較的手に入りやすい鯉を鯛の代わりに祝いの魚として用いている。)
しかし、小氷期を抜け始める江戸時代後期に入ると地球全体の気温の上昇に伴って旧暦の端午の節句の時期には平均気温が20℃を上回るようになり、軒先の鯉は短時間で傷んでしまうようになる。
その結果、免疫力の低い子供が縁起物で食中毒を起こし命を落とす。という痛ましい事件が相次ぎ、その悲劇を避けるようにして縁起物は鯉の形に成形した笹餅に変わり、軒先には鯉に見立てた布を飾られるようになった。
これが今日の鯉のぼりの原形と言われている。
なお、今のように鯉のぼりを立てて飾る様になったのは明治以降で、これには諸説あるが当時の家父長制(お父ちゃん1番えらい)が影響しているとするのが定説である。
Wait for answer...
Q17
May 6, 2018, 5:21 AM
Q2
今日は電話の始めに「もしもし」と言う理由についてお話しようか。
電話が普及し始めた頃、爆発的に高まる需要と遅遅として進まない供給のバランスが取れず、電話交換手が望んだ相手に繋いでくれるまで随分な時間がかかっていたんだ。
その上、呼び出し音等もなかった当時、電話交換局は「繋がれているかどうかも分からぬまま、ただ待たせるのも偲びない、せめて待たされる憤りを紛らわせないものか」と「もしもし亀よ亀さんよ」のフレーズで知られる【うさぎとかめ】の曲を電話口に流すようになった。
さて、冒頭の「もしもし」が登場するのは電話サービスの需要と供給が釣り合い始めた頃の事。
電話口で曲の最後の方にある「どうしてそんなにのろいのか」等と口走ってしまえば「あなたが電話に出るまでに随分と待たされていましたよ」と言っているのに等しいね。
それでは人間関係なんて上手くいくはずもない。
もうわかったかな?
そう、この「もしもし」とは電話をかけた人が電話をとった人に「私は待たされていませんよ」と伝える為の気遣いから生まれた挨拶なんだよ!
素晴らしいね、気遣い!
(もしも、題をつけるなら「待った?」「うぅん、今来たとこ」
[Edited (3)]
Wait for answer...
Q18
May 6, 2018, 1:47 PM
実は、電話を日本に伝えたのは、サッドカーテン国のホルースという人なのだ。そして、サッドカーテン国では、「こんにちは」という意味で「モシーモス」というという言葉がある。だから、サッドカーテン国では、電話を取ってすぐ、「モシーモス(こんにちは)」と言うのだ。ホルースがそのように実演し、それを見ていた芽登呂という人が、「電話をかける時は、始めに『モシモス』と言うのか!」と聞き間違えたのだ。それがいつのまにか「モシモシ」に変化したので、電話をかける時は、「もしもし」と言うのだ。
Wait for answer...
Q19
May 6, 2018, 2:20 PM
Q1
鯉のぼりは今でこそ男子の健やかな成長を願うための飾りとして有名だが、もともとは鯉を食すことで有名な信州が、鯉食を全国に知らしめるための宣伝手法であった。全国どこにいても鯉の存在が良く分かるよう、鯉の飾りを高く高く上げたのである。もちろん実際には、いくら鯉を高く上げても、あまり遠くからでは見ることは当然ながらできない。しかしなんとしても鯉を知ってもらおうという信州人の心意気に、天下の副将軍徳川光圀公が是天晴と称し、鯉のぼりの風習を全国津々浦々に広めたのである。光圀公の健脚ぶりと相まって、いつしか鯉のぼりは男子の健康を願う風習へと様変わりした次第であるが、もともとは信州人の鯉食への思いであったことは、鯉のぼりを子供たちと飾る際、あわせて伝えておきたい話といえよう。
Wait for answer...
Q20
May 7, 2018, 3:31 AM
Q1
なんとなくです。
(発案者自ら趣旨に背くスタイル)
[Edited (3)]
Wait for answer...
Q21
May 7, 2018, 10:03 AM
Q2
電話に保留音が登場した際、その緩やかな曲調から、待ち時間もイライラしないように、「もしもしかめよ」が全国的に採用されていた。
しかし、保留で待っている最中、ついついもしもしかめよの歌を口ずさんでしまった人が、突然の保留解除により相手に歌を聞かれてしまうことがあった。この時、その恥ずかしさのあまり、「電話の初めには、もしもし、っていうのですよ。あなた知らないのですか?」とごまかしたのが始まりとされる。
[Edited (4)]
Wait for answer...
Q22
May 7, 2018, 10:13 AM
Q1
春先に雨が降らないと、梅雨の雨量が少ないことから、中世以降の日本では、雨乞いと言えば春先から5月上旬に行うことが多かった。
鯉のぼりの起源は、天(あま)に鯉(乞い)を浮かべることで、雨乞いを表した儀式に求められる。
当時は本物の鯉を串刺して天に掲げていたが、近代になってからは現在のような布製の鯉が掲げられるようになった。ちなみに、鯉のぼりとともに掲げられる短冊を束ねたようなものは、生の鯉が腐り落ちていく様子を表現したものとされる。
また、鯉は水棲生物であるとともに、その音は御井(ごい)、つまり井戸にも通ずるとされ、当時は水の化身として信仰されていた。
このように、鯉のぼりとは、中世儀礼の姿を今に残す、貴重な文化であるといえる。
[Edited (6)]
Wait for answer...
Q23
May 8, 2018, 1:17 AM
Q2
世の中には不思議な電話があるもので、一見普通の電話ボックスに見えるがどんな願い事でも叶えてくれるという不思議な電話ボックスが存在した。例えば、「もしもこの世が魔法を使える世界だったら」とお願いすると、空飛ぶ絨毯に乗れたり、月が陰ると猫になっちゃう女の子と出会ったり、石化した猫型ロボットがゴミ捨て場に捨てられていたりと不思議な世界に行くことができる。そんな不思議な電話ボックスを使おうとしたドジで間抜けなメガネ少年が、「もしも」と言おうとして「もしもし」と噛んでしまった。少年は恥ずかしさの余りそのミスを誤魔化そうと思い「もしも電話を使う時は「もしもし」と最初に言わないといけなかったとしたら!!」と口走ったのである。この日本では、それが常識の世界となったのだ。
Wait for answer...
Q24
May 12, 2018, 4:52 AM
Q1
こどもの日にこいのぼりをあげるのは、「子供たちに魚・米・野菜をバランスよく摂って健やかに成長してほしい」という思いが込められているからである。
これを聞いたあなたは「“こい”のぼりをあげることとどう関係あるのか」と思ったに違いない。
それは「こい」を漢字で書いて分解してみるとよく分かる。
「こい」は漢字で書くと「鯉」。
「魚」「田」「土」という漢字から成り立っている。
そう、鋭い人はもう分かったのではないだろうか。
「魚」はそのまま“魚”、「田」は田んぼで作られる“米”、「土」は畑で作られる“野菜”が連想できるため、それらの意味を内包した「鯉」のぼりをあげるのだ。
現代は食の欧米化によりパンや肉の摂取量が増え、「魚・米・野菜」の摂取量が減っている。
今こそ、大人たちはこいのぼりに込められた思いを子供たちに伝えていく必要があるのではないだろうか。
[Edited (3)]
Wait for answer...
Q25
May 12, 2018, 10:00 AM
Q1.
鯉幟の起源は江戸時代初期,『天秀尼』という女性にあるといわれる.祖父は有名なかの豊臣秀吉.豊臣家滅亡後尼寺に入った彼女が,亡き祖父とその子二人(捨,拾(秀頼))を偲んで,大坂夏の陣と同じ5月に鯉幟を掲げたのが始まりである.鯉を選んだ理由としては,秀吉が鯉の洗いが好物であったという説と,秀吉を表す「真鯉」はすなわち「孫居」で,あなたの孫はここにいますという天秀尼の思いが込められているという説がある(他,吹き流しは千成瓢箪の旗印の馬簾部分を模したものともいう).鯉幟には,家族を失った孫娘の心が宿っているのである.
一方,童謡「こいのぼり」の歌詞には,不思議な点が二つある.一つはなぜお母さん鯉がいないのか?もう一つはなぜ父子で真鯉,緋鯉と色が違うのか?であるが,前者は当時祖母のねねは存命であり,母鯉を掲げなかったためである.後者は,子の二人が秀吉の実子ではなかったため親子で色を分けた,という説が有力である.
[Edited (2)]
Wait for answer...
Q26
May 12, 2018, 10:24 AM
Q2.
室町時代,日本に糸電話が伝わってきたころ.
糸をもじって(捩る,よじるの意)作ることから当初はこれを「もじり」と呼んだが,当時何にでも「文字」をつけてカワイクしたがる(杓子→杓文字,惚れる→惚の字など)宮中の女房たちが,これを「もじもじ」と呼ぶようになった.
時は降って明治時代.電話サービスが開始された当初交換手は花形職業であり,華族の令嬢が務めていた.彼女たちが「もじもじ」を電話での会話の最初に用い始めたのである.これを政府が公式に認め「電話テハモシモシト問ヒ掛ケルヘシ.」と発布したのであるが,当時の公式文書には濁音を用いない慣例があり,誤読した庶民の間には「もしもし」で定着した.
ちなみに,これは気後れして落ち着かないさまを表す「もじもじ」の語源でもある.黒電話のコードを指でよじりながらもじもじしている若い女性は,まさにもしもしの歴史を体現しているといってもよいであろう.
[Edited (1)]
Wait for answer...

これにて投稿を締め切らせていただきます。投票の設置時は、ロビーにてお伝えします

May 12, 2018, 12:26 PM
May 13, 2018, 4:18 AM
Q27
May 13, 2018, 9:44 AM
(迷宮入り防止質問です)
(すいません、余計でした。無視してください)
[Edited (1)]
A27
May 13, 2018, 4:03 PM
いえいえ!心配してくれてありがとうございます!今後その機能ができたときのために今からでも回答期限とか意識します~

すみません、諸事情により結果発表遅れそうです

May 20, 2018, 11:22 AM

お待たせしました!皆さんお待ちかねの結果発表です!
(便宜上、タイトルをこちらで勝手につけています。)

今回、2位と3位はそれぞれ2票獲得の6作品、1票獲得の4作品と多数存在!

そんな中、1位は4票獲得と群を抜いていました!

その第1位に輝いたのは……
No. 22 風木守人さんの「雨乞い」です! (Q1)

風木守人さん、おめでとうございます!
なんと、ATODUKE2と3で連続優勝。さすがアット公爵です!

投票結果はこちらになります。

皆さん、投稿・投票ありがとうございました!


Creator:
Please or to join
Add replay
Patron:
アシカ人参
, with 3 anonymous patrons.
Donate using Liberapay
Cindy