淫蕩な男の論理

[20の扉] [闇&常駐]

<<[ウミガメのスープ]新ラテシン かばでぃ

女Aには、知人の女Bがいた。女Aは、女Bが愛したのと同じ男を愛した。

男は女Bにそうしたように、女Aにも愛の言葉を毎夜ささやきかける。

でも、男の愛のささやきは、女Bに投げかけていたほうがはるかに……倍ほども多かった。
男はそうとしかできなかったのだ。女性的な魅力は申し分なくても、女Aには足りないものがあったから。

女Aに足りなかったものとはなにか。


出題者:
出題時間: 2018年7月27日 13:10
解決時間: 2018年7月30日 14:13
タグ:

低くささやくように歌うラブソングが有名だった往年の大歌手。
かなり年長の友人Bに勧められて女Aが曲を聞いてみたら、昔の歌手だが気に入ってしまった。

CD以降の世代だった女Aは、レコードとプレイヤーを入手して毎日ラブソングを聞くのだ。

【解答】
A面が終わったらレコードをひっくり返してB面にしなければいけないという知識。


出題者:
参加するには または してください
パトロン:
アシカ人参
と 匿名パトロン 3 名
Donate using Liberapay
Cindy