ふたりぼっちの静かな夜

[Classic] [Long-term Yami]

<<[Classic]屋上 & 親不孝

ある寒い日の晩、乃絵が夕飯の支度をしていると夫から電話がかかってきた。
「急な仕事で帰りが遅くなりそうだから、夕飯は先に食べておいて欲しい。今日中には帰る」とのことだった。
彼女は夫の言葉に「分かった」と答えたが、夜遅くまで懸命に仕事に打ち込む夫の顔を思い浮かべると、どうしても1人で先に夕飯を食べようとは思えなかった。
仕方無く、夫の帰りを待つことにする。

---19時。
夕飯の支度が終わる。
夫の帰りはまだ先だろう。
気合を入れて、追加で夕飯のおかずをもう一品作ることにする。

---21時。
腹の虫が鳴き始める。
夫はそろそろ会社を出る頃だろうか。
夕飯に手をつけたくなる気持ちをぐっと我慢し、夫の帰りを待つ。

---23時。
とうに空腹のピークは過ぎ去り、それに取って代わるように睡魔が訪れる。
夫はまだ帰ってこない。
何度か頭を振り、眠気を追い払う。

---23時55分。
あと少しで日付が変わろうというその時、玄関の扉が開く音がした。
乃絵は咄嗟に部屋の中を明るくすると、すぐに玄関に向かった。
そして、そこでビニール袋を片手にぶら下げた夫の姿を確認すると、彼女は口を閉ざした。

何故か?

~~~~~~~~~~~~~~~~~~
以下のいずれかを満たした時に問題を終了致します。
① 2019年7月28日(日)23時59分59秒になったとき
② 未回答の質問が無い状態で24時間経過したとき(詳細はメモ欄を随時更新しますので御確認ください)


Creator:
Created At: Jul 20, 2019, 12:59 PM
Solved At: Jul 28, 2019, 3:00 PM
Tags:
月間最多スター獲得問題

おかえりなさい、とか。
遅くまでお疲れ様、とか。
いろんな言葉が頭に浮かんだのだが、今この時一番伝えたい言葉を彼女は選んだ。

「Merry Christmas!」
「うん、Merry Christmas!遅くなってゴメン」

夫の鞄を持とうと手を伸ばすと、夫は手に提げたビニール袋を渡してきた。
「本当は駅前のケーキ屋で買いたかったけどもう閉まっちゃってたから、コンビニのケーキになっちゃった。ゴメン」
「ううん、そんなの良いよ。お疲れ様。夕飯にしよう」

そうしてクリスマスツリーのイルミネーションで明るくなった部屋の中、2人はいつもより豪華な夕飯と食後のデザートを楽しんだ。

【解答】
"M"を発音するため


Creator:
Please or to join
Add replay
Patron:
アシカ人参
, with 3 anonymous patrons.
Donate using Liberapay
Cindy