将棋ボクシング

[Classic] [Long-term Yami]

ある日カメオがテレビを付けると、ボクシングの試合をやっていた。

ヘヴィー級チャンピオンのジョンと、新人の挑戦者、二歩の試合である。

実況解説によると、ジョンはその巨体と筋肉を生かした稀代のパワータイプのボクサーであり、まさに当代無敵の存在。対する二歩は、なんと今回がプロでの初試合で、戦績の記録も一切無い。しかもヘヴィー級とは思えない程ほっそりとした体つき。圧倒的にジョンが有利である。

その解説を聞いて、ボクシングの素人のカメオは、二歩が勝つだろうと思った。何故?


質問締め切りは9/7(土)までの予定です

Creator:
Created At: Aug 31, 2019, 1:16 PM
Solved At: Sep 7, 2019, 3:20 PM
Tags:

ある日カメオがテレビを付けると、ちょうどバトルもののアニメを放送していた。そのアニメの中では、ボクシングの試合が行われていた。

やたらハイテンションな実況解説が、対戦するキャラの説明をしていた。

当代無敵の筋肉お化け、チャンピオンのジョン。対するは、今回が初試合だという新人の二歩。なんでも二歩は、今までの経歴が一切謎。ファイトスタイルも不明。しかし二歩がどんなに強かったとしても、圧倒的に体格が違うジョンに勝つのは至難の業だろう。



そんな説明を聞いて、カメオは思った。
ジョン、絶対噛ませ犬じゃん。
やたらデカいし。
主人公の二歩が、細い体に詰まった筋肉とテクニックで瞬殺するっていう、そういう展開でしょ?


解説役『しかしあの二歩って選手、何処かで見たことあるような気がするんだけどな~』
ジョン『HAHAHA! 怪我しないうちに母ちゃんのところに帰った方が良いぜ小僧』
二歩『久々だな・・・この血が滾る感覚』





その後、二歩は1ラウンドでKOされた。
まあ、ね?


Creator:
Please or to join
Add replay
Patron:
アシカ人参
, with 2 anonymous patrons.
Donate using Liberapay
Cindy