【誕生ますか?オマージュ】盲目の神父

[Little Albat]

とある満月の夜。
自らの死期が迫っているのを感じていたカメコは、傷だらけの仔猫が横たわっているのを見ると、「もし生まれ変わることができるなら、猫になりたいな」と願い、目を閉じた。

***

神父であるあなたの元にやって来たエルナトは言葉を選ぶようにしながらそう語り、猫に生まれ変わったカメコを探しているのだと言った。

(そんな猫、見つかるわけがない……そもそもキリスト教では輪廻転生なんてあり得ないのだが……しかし、私は神父だ。困っている人のために、なんとかしてあげたい)

そう思ったあなたは、彼とともにその猫を探すことにした。

***ルール***
1.この問題は亀夫君問題です。yes/noで答えられない質問が可能です。
2.エルナトの話を聞き、彼の悩みを解決してあげてください。
3.この問題は双葉さんの問題文のオマージュです。


Creator:
Created At: Nov 6, 2019, 1:31 PM
Solved At: Nov 7, 2019, 3:30 AM
Tags:

質問数制限、時間制限はありません。

[Edited (1)]
Nov 6, 2019, 1:31 PM
Q1
Nov 6, 2019, 1:39 PM
なぁ、カメオくん。よく考えてみるんだ。人間が猫に生まれ変わることなんてないんだ。君ももう20歳だ、そのくらい分かるだろう?
A1
Nov 6, 2019, 1:46 PM
そう……ですかね……ただ私は……31歳です……。
Q2
Nov 6, 2019, 1:43 PM
エルナト君、君にとってカメコはどんな人だったんだい?
A2
Nov 6, 2019, 1:47 PM
どんな、人……分からない。分からないんです。 [Edited (1)]
Q3
Nov 6, 2019, 1:47 PM
カメコは本当に死んでしまったのかな?
A3
Nov 6, 2019, 1:50 PM
死んだのだと……思います。
Q4
Nov 6, 2019, 1:52 PM
エルナト君、あなたは…「人間」かい?
A4
Nov 6, 2019, 1:53 PM
はい……。
Q5
Nov 6, 2019, 1:52 PM
人間が猫に生まれ変わるなんてありえないと思うんだけど、エルナトさん(31歳)はどうしてカメコが猫に生まれ変わったと思うのかな?
A5
Nov 6, 2019, 1:54 PM
なんで……彼女が、そう言ったから、でしょうか……。やはり、生まれ変わることは無いのでしょうか……。
Q6
Nov 6, 2019, 1:56 PM
エルナトさん(31歳)はカメコを実際に見たの?
A6
Nov 6, 2019, 1:59 PM
はい……。
Q7
Nov 6, 2019, 2:02 PM
カメコを実際に見たのにどうしてどんな人なのか分からないの?外見だけでも特徴を教えて欲しいんだけど。
A7
Nov 6, 2019, 2:10 PM
彼女は……制服を着ていました。だから、学生。高校生です。
Q8
Nov 6, 2019, 2:04 PM
エルナト君…カメコは何で死んだんだい…?
A8
Nov 6, 2019, 2:11 PM
彼女は、怪我をしてしまいました。それで……。
Q9
Nov 6, 2019, 2:14 PM
怪我!?事故にでもあったのかい?
A9
Nov 6, 2019, 2:18 PM
事故……そう、だと思います。
Q10
Nov 6, 2019, 2:14 PM
カメコはどこに、どんな怪我をしていたのか教えてくれるかな?
A10
Nov 6, 2019, 2:19 PM
頭から、血を流していました。それで……静かに、目を瞑りました。
Q11
Nov 6, 2019, 2:14 PM
カメコさん…バーチャルだったりしないかい?
A11
Nov 6, 2019, 2:19 PM
バーチャル……いえ、そんなことは……いや、むしろそうだったら……。
Q12
Nov 6, 2019, 2:23 PM
エルナトさん(31歳)、実は君はカメコとは知り合いでも何でもなくて、
たまたまその瞬間に居合わせただけって事は……ないよね?
A12
Nov 6, 2019, 2:29 PM
たまたま……?少なくとも……知り合いでは、ありません。 [Edited (1)]
Q13
Nov 6, 2019, 2:31 PM
エルナトさんはどこでカメコを見たの?
A13
Nov 6, 2019, 2:32 PM
道路の、真ん中です。彼女は、倒れていました。
Q14
Nov 6, 2019, 2:32 PM
知り合いでもないのか……。
なのにカメコを探そうとしているのは、
それだけの理由があるって事かい?
A14
Nov 6, 2019, 2:34 PM
それは、彼女が死んでしまったから……だから……。
Q15
Nov 6, 2019, 2:37 PM
彼女は道端で死んだ後にどうなったの?救急車が来たとか、その後の展開は?
A15
Nov 6, 2019, 2:43 PM
よく、覚えていません。なんとかしないとって、ただそれだけが僕の頭の中にあって、気が付いたら、僕は、彼女を連れて……。
Q16
Nov 6, 2019, 2:47 PM
彼女を連れて…どうしたんですか?
A16
Nov 6, 2019, 2:48 PM
彼女を連れて、私は、ただ、走りました。私は……私は何をしてしまったのでしょう……。 [Edited (1)]
Q17
Nov 6, 2019, 2:54 PM
とりあえず現場に行ってみない?
A17
Nov 6, 2019, 2:55 PM
現場には……行きたくありません……彼女の死に様が、今でもまざまざと目に浮かんでくるのです。とても、耐えられません……。

(A16修正しました。土下座ァ)

[Edited (2)]
Nov 6, 2019, 2:59 PM
Q18
Nov 6, 2019, 3:08 PM
15 死んだ彼女を「連れて」というけど、どのようにして「連れて」走ったの?
A18
Nov 6, 2019, 3:09 PM
車に、乗せました。 [Edited (1)]
Q19
Nov 6, 2019, 3:12 PM
エルナトさん、君がカメコさんを轢き逃げしてしまったのではないかい?
A19
Nov 6, 2019, 9:43 PM
……逃げては、いません!でも、ひいてしまいました……私は……。
Q20
Nov 6, 2019, 10:34 PM
じゃあひとまず警察に行かないといけないね。
A20
Nov 6, 2019, 11:00 PM
警察……そうすれば、猫になった彼女に出会えなくても……罪を償うことはできるでしょうか? [Edited (2)]
Q21
Nov 7, 2019, 1:34 AM
エルナトさん、貴方が私に告げた出来事(問題文の***までの部分)は、全て貴方の目の前で実際に起こった出来事ですか? [Edited (1)]
A21
Nov 7, 2019, 2:25 AM
はい……まさに、私の目の前で起こった出来事です。いっそのこと夢ならどれだけ良かったでしょうか……。
Q22
Nov 7, 2019, 1:36 AM
19より あなたはカメコさんというJKを轢いてしまったようですが、その後、ご自身の車にカメコさんを乗せたのですか?
A22
Nov 7, 2019, 2:29 AM
はい……車に乗せました。気が付けば、山奥にいて……私は、彼女を、土に……。こんなこと、良くないと分かってはいるんです。ただ、現実だと、認めたくない自分がいて……申し訳、ありません……。 [Edited (1)]

私は、誤ちを犯してしまいました。
その事を悔いて、ただ一言、彼女に謝りたかったのです。
だから私は、彼女の生まれ変わりを探しました。
でも、そんなことより、何より、私は自らの犯した罪を、償わなければならない。

神父様、ありがとうございます。

私は、警察に自主しようと思います。

[Edited (1)]
Nov 7, 2019, 2:46 AM
Q23
Nov 7, 2019, 3:05 AM
エルナトさんの行動は死体遺棄に該当すると考え、早急に警察に通報します。
A23
Nov 7, 2019, 3:16 AM
(いや、どうやらもうその必要も無さそうだ)

エルナトはそう言って、教会を後にした。
その日の翌朝、ラジオから轢き逃げ事件についてのニュースが報じられた。
彼はあの後警察に自主をしたようだ。

私は安堵のため息を吐くと、教会の椅子にゆっくりと腰を掛けた。

.

.

そういえば──毎朝、ご飯を求めにやってくるマイアが今日はまだ来ていないな。
私は不安に思っていたのだが、すぐにそんな心配は無用であることを知った。

不意に、私の膝の上に温かな重みを感じたからだ。

「おー、マイア、今日は遅かったね、心配したよ」

目の見えない私は、膝の上のマイアを優しく撫でてやる。

「おや?耳の裏を怪我しているのかい?可哀想に」

私はマイアを優しく抱き抱えると、すぐにご飯の準備をすることにした。
彼女にもそれが分かったのだろう。

教会の中に、ニーと嬉しそうな鳴き声が響いた。

[Edited (3)]
Nov 7, 2019, 3:18 AM

カメコは無我夢中だった。
スピードを出す車。ニーと静かに鳴いた仔猫。
横断歩道のど真ん中で縮こまり、動けなくなっていたその仔猫は、気が付けばカメコの腕の中にいた。

重たい感触がカメコの体に伝わり、遅れて痛みが走った。
息ができない。
何かが体から流れ出ていくのが分かった。
あぁ、私は死ぬんだな。
そう思った。
学校生活にもいい加減嫌気がさしてきていたところだ。
どうせ死んだところで、悲しんでくれる人なんていない。

不意に、ニーと声が聞こえた。
仔猫は耳に怪我を負ってしまい血に塗れていたが、どうやら命に別状はないらしい。
良かった。君は、助かったんだね。
仔猫は、ニーと返事をした。

こんなにも苦しいのに、不思議と恐怖を感じることはなく、気持ちは穏やかだった。
それは、カメコが助けた仔猫が彼女のことを心配そうに見つめてくれているからなのかもしれない。

そうか、君は、君だけは悲しんでくれるんだね。
そう思い、カメコは笑った。

こんな安心感を与えられる人に、私もなりたい。
いや、なりたかった。ううん、そもそも人ですらないか。

「もし生まれ変わることができるなら、猫に……なりたいな」

カメコはそっと仔猫に微笑み掛けると、そのまま静かに目を閉じた。

***

エルナトは無我夢中だった。
恐怖。後悔。自責の念。
後部座席に横たわった、一人の女性。

どうすれば良い。
分からない。
気が付けば人里離れた山林にいたエルナトは、車を降りた。
後部座席で動かなくなった女性を下ろすと、穴を掘り彼女を埋めた。

車に戻ると、シートは血塗れだった。
自らの手も真っ赤に染まっていた。
だめだ。
隠しきれない。
ブルブルと、手が震える。

フラフラと、車を置いてエルナトは彷徨った。
いつの間にか降り始めた雨が、彼の血の匂いを洗い流す。

脳裏に、事故の瞬間の嫌な衝撃が蘇った。

車を降り目の前に倒れていた、一人の女性。
抱きかかえていた血に塗れた仔猫は、ニーと悲しそうに鳴いていた。

「もし生まれ変わることができるなら、猫になりたいな」

そう言って目を閉じた、彼女。

散乱していた荷物の中にあった、生徒手帳と同じ顔の女性が、動かなくなっていく。

名前は、カメコと書いてあっただろうか。

どうしたら良い。

どうすれば。

.

.

どれくらいの時間、彷徨い歩いただろう。

気が付けば、小さな教会の前に、エルナトは立っていた。

ニー。

脳裏で鳴いた、仔猫。

彼女と引き換えに生きながらえたあの仔猫は、何処へ行ったのだろう。

そんなことを考えながら、エルナトは教会の中へ入って行った。

.

.

.

.

***正解条件***
1.カメコの死因が自動車事故であることを確定する。
2.エルナトがカメコを殺し埋めてしまったことを聞き出す。
3.彼の懺悔の言葉を聞き警察に自首を促す。

※盲目の神父のため、彼の衣服が血で汚れていることなどは気付くことができない。
※同じ理由で返答内容には視覚情報を交えず、聴覚情報(エルナトの台詞)のみを記載する。
※彼は人を殺したショックで動揺しているため、声が震えて上手く話せていない。


Creator:
Please or to join
Add replay
Patron:
アシカ人参
, with 2 anonymous patrons.
Donate using Liberapay
Cindy