【童話ますか?リサイクル】栗や松茸がなかったから

[Classic]

<<[Classic]ここのコンビニって野菜売ってないんですか!?

悪戯をすることが大好きだった。あの日も軽い気持ちで人間が捕まえた鰻を逃がして、怒る人間を眺めて楽しんでいた。
その数日後、鰻を逃がされて怒っていた人間が母親の葬儀を開いていた。
(あの鰻は母親に食べさせるためのものだったんだ)
そのことに気付くと、強い後悔に襲われた。償いとして自分になにが出来るか考え、とても臭いだけでなんの役にも立たない草を毎日届けることにした。
一体何故?

※No.4:少女Xさんの問題文のリサイクルです。


Creator:
Created At: Dec 4, 2019, 3:31 PM
Solved At: Dec 4, 2019, 3:50 PM
Tags:
Q1
Dec 4, 2019, 3:32 PM
問題文に書かれている文章は、狐視点ですか?
A1
Dec 4, 2019, 3:32 PM
Yes.狐視点です。
Q2
Dec 4, 2019, 3:33 PM
とても臭い草は結果として、人の役に立ちましたか?
A2
Dec 4, 2019, 3:33 PM
No.
Q3
Dec 4, 2019, 3:34 PM
草の届け先は人間であり、なおかつそれは兵十ですか?
A3
Dec 4, 2019, 3:34 PM
Yes.
Q4
Dec 4, 2019, 3:35 PM
草自体は兵十の役に立たなくても、草を届ける行為は最終的に兵十の役に立ちましたか?
A4
Dec 4, 2019, 3:35 PM
…Yes!役に立ったと思います。(ミスリード注意)
Q5
Dec 4, 2019, 3:35 PM
狐はとても臭い草を兵十に届けることで、何かの役に立つと思っていますか?
A5
Dec 4, 2019, 3:36 PM
Yes.(ミスリード注意)
Q6
Dec 4, 2019, 3:37 PM
もし狐(とりあえずごんとする)が草を届けず捨てたとしても、それは最終的に兵十の役に立ちますか?
A6
Dec 4, 2019, 3:37 PM
うーん、No.その捨てた草は兵十の役に立たないでしょう。
Q7
Dec 4, 2019, 3:37 PM
とても臭いだけでなんの役にも立たない草の入手方法は関係ありますか?
A7
Dec 4, 2019, 3:38 PM
No.なんの役にも立たないので、どこにでも生えていて、キツネでも簡単に手に入れることができました。
Q8
Dec 4, 2019, 3:37 PM
狐と兵十、そして故人の母親以外に重要登場存在はいますか?
A8
Dec 4, 2019, 3:38 PM
No.他に重要な登場キャラクターはいません。
Q9
Dec 4, 2019, 3:38 PM
6 捨てた草は役に立たなくとも、ごんが草を捨てることにより結果的に兵十の役に立ちますか?
A9
Dec 4, 2019, 3:39 PM
No.ごんが草を捨てることは兵十の役に立ちません。 [Edited (1)]
Q10
Dec 4, 2019, 3:39 PM
草が臭い理由は単にそういう種類の草だからですか?
A10
Dec 4, 2019, 3:40 PM
Yes.そういう種類の草だからです。草の掘り下げは必要ありません。
Q11
Dec 4, 2019, 3:41 PM
4 良い匂いの草だったとしても、兵十に届ければその行為は最終的に兵十の役に立ちますか?
A11
Dec 4, 2019, 3:42 PM
No!!!良い匂いの草では成立しません。
Q12
Dec 4, 2019, 3:42 PM
文中の鰻がウサギだったとしたら、問題は成立しますか?
A12
Dec 4, 2019, 3:42 PM
Yesでしょうか。成立すると思います。
Q13
Dec 4, 2019, 3:43 PM
兵十はその草のおかげで、望まぬ訪問者を近づけずに済みましたか?
A13
Dec 4, 2019, 3:44 PM
No.
Q14
Dec 4, 2019, 3:44 PM
届けられた臭い草を兵十がどのように処理したかは関係ありますか?
A14
Dec 4, 2019, 3:44 PM
No.
Q15
Dec 4, 2019, 3:46 PM
臭い草を届けたのがごんであることを兵十は理解していますか?
A15
Dec 4, 2019, 3:46 PM
Yes!
Q16
Dec 4, 2019, 3:50 PM
ごんは臭い草を届けて嫌がらせすることで兵十がごんを撃つように仕向け、自分が死ぬことで償おうとしましたか?
A16
Dec 4, 2019, 3:50 PM
Yes!正解です〜!

人間に、自分を撃ち殺すことへの罪悪感を抱かせないため。

償いとして人間にあげられる有益な物なんて、キツネは何一つ持っていません。
だから自らの死で償おうと考えました。
キツネは「人間は優しいから、もしかしたら自分を殺すことに罪悪感を抱くかもしれない」と考えたので、「嫌がらせくらいにしか使えそうもない草」を持っていくことに決めました。
そうしたら、自分を撃ち殺した人間はその草を見て「やっぱり、コイツはまた嫌がらせをしようとしていたんだな。殺されて当然だ。」と罪悪感を抱かずにすむだろうから。


Creator:
Please or to join
Add replay
Patron:
アシカ人参
, with 3 anonymous patrons.
Donate using Liberapay
Cindy