アンフェアの境界線 初級編

[ウミガメのスープ]

<<[ウミガメのスープ]初勝利の果てに絶望を見よ

相田「よう!鈴原じゃん、久しぶり!俺のこと覚えてる?」

鈴原が街中を歩いていると、慣れ慣れしく声を掛けてきた男がいた。

髪型や服装は昔に比べてずいぶんと派手になっていたが、
どことなく人懐っこい表情が微かに鈴原の記憶に残っていた。
きっと中学校で同級生だった相田だ。

鈴原「たしか中学校で一緒だった相田だよな。久しぶり。」

鈴原がそう答えると、相田は若干顔を曇らせながら、
相田「なんだよ、俺のこと覚えてねーのかよ。」と答えた。

鈴原「あれ、ごめん。お前、相田じゃなかったっけ。」
相田「そうじゃねーけどよ。・・・ま、どうでもいいや、そんなこと。
それより、せっかく久しぶりに会ったんだし、飲みに行かね?」

いったい、相田は何が気に入らなかったのだろうか。


出題者:
出題時間: 2020年2月11日 5:18
解決時間: 2020年2月11日 5:25
タグ:

相田の名字は「あいだ」と読むのだが、鈴原は相田のことを「相田(そうだ)」と呼んだから。

相田「そうじゃねーけどよ。・・・ま、どうでもいいや、そんなこと。」


出題者:
参加するには または してください
パトロン:
アシカ人参
と 匿名パトロン 3 名
Donate using Liberapay
Cindy