意味がわかると……な話

[Classic] [Long-term Yami]

<<[Twenty Questions]A Kind of Magic

夕ぐれの時間。
山で遊んでいたわたしは、早くうちに帰らなきゃママに怒られちゃう、と急ぎ足だった。
すると、知らない子が向こうから踊るような足どりで歩いてきて、楽しげな声で話しかけてきた。
「こんにちは!」
「こ、こんにちは」
「あのね! あのね! ぼく、いいものもらったんだよ! わかる?!」
その子はそう言うが、わたしはぷるぷると首を振るばかり。
「これ!」
その子が小さなガラスの玉を取り出したので、わたしはまた驚いた。
「いいでしょ! ほしかったんだ、ぼく、ずっと!」
手の上のガラス玉は夕焼けの光を受けてきらきらと輝いている。思わずわたしもきれいだなと思った。
その子はガラス玉をしまうとにっこり笑った。その笑顔も輝いているようだった。
「……きれいだね」
「うん!」その子は大きくうなずき、「じゃ、ぼく帰るね!」と言った。
そして来たときと同じ、踊るような足どりでわたしが来たほうへ去っていった。
大丈夫だろうか、と思って見送ると、その子は危なげなく歩いていって、そして見えなくなった。
まあそうか。あの子は普通の子じゃないし、これまでもずっとこうしてきたんだろうから。
わたしは(よかったね)そう心の中で言って、うちに帰っていった。

---------------
状況を説明してください。
ただし、誰がこの子にガラスの玉をあげたのかは考慮しなくてよい。


Creator:
Created At: Jun 17, 2020, 2:29 PM
Solved At: Jun 21, 2020, 1:02 PM
Tags:
第3回Cindyオブザイヤーノミネート作

義眼をもらった一つ目小僧に会ったお話。


Creator:
Please or to join
Add replay
Patron:
アシカ人参
, with 3 anonymous patrons.
Donate using Liberapay
Cindy