哀愁列車

[Classic] [Long-term Yami]

<<[Classic]核こそ命

駅の階段の下。
まもなく発車する列車の特急券と乗車券を、内ポケットから何度も取り出しては、またしまい込む男。
しばらくそうしていた後、(……ダメだ。この切符は使えない)そう考えながら、男は両手をポケットに突っ込んでその場を去っていった。
いったいどういうことだろう。


Creator:
Created At: Sep 7, 2020, 3:04 PM
Solved At: Sep 13, 2020, 12:16 PM
Tags:
第3回Cindyオブザイヤーノミネート作

「ない! ない! ない!」あちこちのポケットを探る男。
財布を入れたポケット、ハンカチを入れたポケット、スマホを入れたポケット、切符を入れたポケット。

何度探っても出てこない。

ダメだ。どこかに落としたんだ。

このまま目的地に行くことはできない。もう発車には間に合わない。

男は手ぶらの両手をポケットに突っ込み、肩を落として近くの警察へ向かった。
鞄を預けたコインロッカーの鍵の落とし物がないかを確かめるために。


Creator:
Please or to join
Add replay
Patron:
アシカ人参
, with 3 anonymous patrons.
Donate using Liberapay
Cindy