戦国の流儀

[ウミガメのスープ] [闇&常駐]

<<[新&形式]ジャパネットシンディ ~秋の在庫一掃セール2020~

長い旅を経て日本にやってきたポルトガルの神父。

ある集まりから辞去して宿へ帰る道。来日以来ずっと、通訳をはじめとする世話をしてくれているマツナガに言う。
「先ほどあそこにいたのは、この国の有力領主ご夫妻とその重臣ですね?」
「そのとおりです」
「それはいいのですが、もう一人いたあの人、あれはいったいどういう人ですか?」
「……神父。あそこには3人しかいませんでした」

そんなはずはない、自分はもう一人あの場にいるのを見た。神父はそう言うが、マツナガは首を横に振るばかり。

いったいどういうことだろう。


出題者:
出題時間: 2020年11月23日 11:05
解決時間: 2020年11月29日 13:00
タグ:

「いや、黒い奇妙な服を着た人がいたでしょう」
神父のその言葉を聞いて、マツナガは笑いだす。
「ああ、そのことですか。歌舞伎にはああやって、劇の進行を補助する役目の人がいるんですよ。黒衣(くろご)といいます」
「なるほど、そうでしたか」
歌舞伎見物帰りの二人は笑いあって、ホテルへ帰っていった。


出題者:
参加するには または してください
パトロン:
アシカ人参
と 匿名パトロン 3 名
Donate using Liberapay
Cindy