【石ますか?オマージュ】assassination standing still

[ウミガメのスープ]

<<[新&形式]Cindyオブザイヤー 2021 投票所

冷ややかな殺人鬼が俺の喉元にサバイバルナイフを突きつけている。
「動くな。動いたら死ぬぞ」
そう言われたので俺は石像のようにじっとしているのだが…。
さてこのピンチ。俺は絶対助かると確信しているのだが、どうしてだろう?
当然だが俺は普通の人間なので、喉にナイフを刺されたら死ぬし、この状況から殺人鬼を倒せるような腕前や手段は持っていない。もちろん殺人鬼は実は味方でしたーなんて事もないし、夢まぼろしの類でもない。

*ノーキンさんおまけ2のオマージュです。


出題者:
出題時間: 2021年10月19日 22:58
解決時間: 2021年10月19日 23:07
© 2021 gattabianca 作者から明示的に許可をもらわない限り、あなたはこの問題を複製・転載・改変することはできません。
転載元: 「【石ますか?オマージュ】assassination standing still」 作者: gattabianca (Cindy) URL: 
タグ:

おっしゃるとおり、俺は、殺人鬼を倒せるような腕前や手腕は持っていない。
だが、俺は、生まれつき恐怖心というやつが鈍いらしく、普通の人なら怯えるようなシチュエーションでも全く動じないのだ。
その能力を買われて、特殊部隊に採用されている。
役目は囮、だ。

今日も耳につけた極小受信機に「スナイパー」からの指示が入る。

「いいか、動くな。動いたら死ぬぞ。

わかってる 。ちゃんとあんたの撃ちやすい地点までこいつを運んできてやっただろう。
あとはあんたの仕事だ。

…次の瞬間、スナイパーが俺の首にナイフを突きつけた男だけをきれいに撃ち抜いていた。


出題者:
参加するには または してください
パトロン:
アシカ人参
と 匿名パトロン 3 名
Donate using Liberapay
Cindy