【1周年記念企画】早すぎる投了

[Classic]

<<[Classic]祝福

stamp
将棋のタイトル戦の一つ、棋仙戦でのできごと。

第1局2日目。
挑戦者、榊原八段の封じ手が開封された瞬間、その場にいた誰もが驚いた。
131手目、4一銀打。あまりにも意表を突く妙手。
1日目、劣勢だった榊原八段は、この手により形勢をひっくり返したかに見えた。

しかしまもなく、133手目にして榊原八段の投了。

榊原八段はなぜそんなにも早く投了したのだろうか?


※用語解説
封じ手:
対戦を翌日に持ち越すときに、手番の棋士が次の一手を用紙に書いて厳封し、立会人に提出すること。
一晩かけて次の一手を長考することを防ぎ、持ち時間の公正さを期するためのルール。
投了:
降参すること。自身の負けを宣言すること。


Creator:
Created At: Sep 30, 2018, 12:52 PM
Solved At: Sep 30, 2018, 1:07 PM
Tags:
初出題
Q1
Sep 30, 2018, 12:53 PM
人死にますか?
A1
Sep 30, 2018, 12:55 PM
NO
Q2
Sep 30, 2018, 12:54 PM
誰かの不正はありましたか?
A2
Sep 30, 2018, 12:55 PM
YES!
Q3
Sep 30, 2018, 12:54 PM
自分の負けを確信したからですか?
A3
Sep 30, 2018, 12:56 PM
回答が難しいところですが、狭義でNOとします
Q4
Sep 30, 2018, 12:55 PM
妙手は「(将棋において)良い手」という意味ですか?
A4
Sep 30, 2018, 12:56 PM
YES
Q5
Sep 30, 2018, 12:56 PM
投了の決め手になったのは132手目ですか?
A5
Sep 30, 2018, 12:59 PM
NO
Q6
Sep 30, 2018, 12:56 PM
133手目に二歩(反則)を打ってしまいましたか?
A6
Sep 30, 2018, 12:59 PM
NO
Q7
Sep 30, 2018, 12:57 PM
2 不正には協力者がいますか?
A7
Sep 30, 2018, 1:01 PM
NO
Q8
Sep 30, 2018, 12:57 PM
不正をしたのは榊原八段ですか?(質問が被っていたので変更します) [Edited (1)]
A8
Sep 30, 2018, 1:01 PM
NO!!
Q9
Sep 30, 2018, 12:58 PM
不正をしたのは対局相手ですか?
A9
Sep 30, 2018, 1:01 PM
NO
Q10
Sep 30, 2018, 1:00 PM
一日目と二日目の間に読み直した結果、負ける筋が見えましたか?
A10
Sep 30, 2018, 1:02 PM
NO

2、7、8、9の補足:誰が不正を働いたのかについて、これ以上の掘り下げは不要です。

Sep 30, 2018, 1:01 PM
Q11
Sep 30, 2018, 1:02 PM
不正をしたのは一日目の試合中のことですか?
A11
Sep 30, 2018, 1:03 PM
回答が難しいですが、不正は一日目に行われました。良質とします。
Q12
Sep 30, 2018, 1:02 PM
132手目は指されましたか?
A12
Sep 30, 2018, 1:04 PM
YES
Q13
Sep 30, 2018, 1:02 PM
4一銀打は榊原八段が考えたのではなく、誰かに書き換えられたものですか?
A13
Sep 30, 2018, 1:04 PM
YES!! ただし10と11の間の補足より、それが誰なのかの掘り下げは不要です。 [Edited (1)]
Q14
Sep 30, 2018, 1:03 PM
賭け将棋的なものが行われていましたか?
A14
Sep 30, 2018, 1:04 PM
NO
Q15
Sep 30, 2018, 1:03 PM
榊原八段の息子が誘拐されて、八百長で負けるように脅されましたか?
A15
Sep 30, 2018, 1:04 PM
NO
Q16
Sep 30, 2018, 1:04 PM
榊原八段は不正が行われたことに気づきましたか?
A16
Sep 30, 2018, 1:05 PM
YES! いつ気づいたのでしょう?
Q17
Sep 30, 2018, 1:04 PM
133手目の局面からは、棋仙側を持てば(普通のプロの実力であれば)勝ちますか?
A17
Sep 30, 2018, 1:05 PM
YESNO 重要ではありません。
Q18
Sep 30, 2018, 1:04 PM
誰かの不正で封じてが書き換えられていたので、誰の思惑だろうとそれにのっかって将棋を続行することは正々堂々に反しておりできないと思い、投了しましたか? [Edited (1)]
A18
Sep 30, 2018, 1:05 PM
YES!!! 正解です!
Q19
Sep 30, 2018, 1:05 PM
封じ手の内容は銀でなくともなんでも成立しますか? [Edited (1)]
A19
Sep 30, 2018, 1:06 PM
YES なんでも成立します。
Q20
Sep 30, 2018, 1:06 PM
書き換えたのは棋仙戦の開催に関わっている人間ですか?
A20
Sep 30, 2018, 1:06 PM
YESNO 榊原八段以外であれば、誰でも成立します。

stamp
(4一銀打。これは俺が封じた手ではない。いったい誰が……? しかし、悔しいが、俺の手よりもよほど妙手だ)

開封された封じ手、4一銀打に、その場にいた誰もが――榊原八段自身も含め――驚いた。

榊原八段は、その手が自らの手ではないことを自覚しつつも、震える手で131手目、4一銀打を指す。
山岡棋仙の守りを突き崩す会心の一手。

132手目、山岡棋仙は同金で返す。

榊原八段は、流れが一気に自分に傾いてきたことを感じつつも、棋士としての誇りと良心が、次の一手を指すことを許さなかった。

133手目、榊原八段の投了。

対局後のインタビューで、榊原八段は黙して語らなかったという。


解答要約:
何者かが不正を働いて、榊原八段が考案した封じ手をより良い手にすり替えた。
その手を指してしまった榊原八段は、自らの棋士としての誇りと良心のため、まもなく投了した。


謝辞:
【1周年記念企画】の出題へのお誘いをくださった、並びに本問題のスープパートナーをしてくださった、さるぼぼさんに感謝申し上げます。


Creator:
Please or to join
Add replay
Patron:
アシカ人参
, with 3 anonymous patrons.
Donate using Liberapay
Cindy