【GM彩雲の】地方病【歴史を辿るTRPG】

[Little Albat]

<<[Classic]ヘデラ・コルシカ

時は明治、欧米列強に飲み込まれまいと、富国強兵に邁進していた時代。

ある地方の徴兵検査(兵士として大丈夫か調べる身体検査)を行っていた軍医、石井良斉は、
検査を受けに来た青年たちを見て驚愕する。

彼らの身長は140cmほど(当時でも子供の身長)しかなく、
腹が膨れ上がり、手足はやせ細り、顔面蒼白だったのだ。

同じころ、その地方から、その病を何とかしてほしいという嘆願書が県に提出された。
そこには、こう記されていた。
原因は皆目判らず。水だろうか、土だろうか、それとも身体に原因があるのだろうか。嗚呼悲しきかな、困苦見るを忍びず。

軍部と県はこれを重く見て、この病――地方病解決のための組織を編成した。

医師、三神三朗と、Cindyの仲間たちである。

地方病から皆を救うのは、貴方たちだ。

  1. 挑戦的な試みなので「新&形式」が妥当かもしれませんが、基本的な進行は亀夫君問題と同一なので亀夫君問題です。
    異論は認めます。
  2. 質問欄には、希望する行動を書き込んでください。
    ex:「周囲を見渡す。」「通りかかった人に「元気ですか?」と質問する。」
    質問のみを書き込んでも構いませんが、その場合は三神(同行する医師)に対するものとして処理します。
  3. この問題の最終目的は、地方病の撲滅です。
    成功した場合、参加者全員に正解を付与する予定です。
  4. 前項を達成するために必要な小目標を、ヒント欄等で適時通知します。
  5. 検索禁止です。理由は次項で述べます。
  6. 元ネタ有りです。インターネット上の文献を参考にして出題しているので、検索するとうっかりヒットする可能性があります。
    ex:題名からすでに元ネタなので、題名での検索は控えてください。
  7. 代わりと言ってはなんですが、質問数は無制限です。ガンガン聞きましょう。
    代わりに調べて答えます。
  8. 制限時間は2020年1月25日(土)までです。
  9. 出題に際して、一部を改変しています。
    ex:三神三朗氏は、史実では途中出場&途中退場である。
  10. 昨日思い立った問題なので、素材がありません。
    図が必要な場合があるかもしれませんが、
    その場合は想像で補っていただくか、お時間をいただくことになります。

Creator:
Created At: Jan 11, 2020, 12:29 PM
Solved At: Jan 25, 2020, 2:32 PM
Tags:
史実モノ

三神とCindyの仲間たちは、とある地方の市街地へと降り立った。
三神「さて、地方病流行地に来たぞ。まずは情報収集だ。」
mission1:地方病の具体的な姿を掴め

Jan 11, 2020, 12:30 PM
Q1
Jan 11, 2020, 12:37 PM
流行地の川の水質を調べます。
A1
Jan 11, 2020, 12:40 PM
Duffy氏は川の水を調べたが、毒物は発見されなかった。
特に汚いという事も無さそうだ。
[Edited (1)]

問題文、ヒント欄、回答欄等に書いてある事の意味等がよくわからない場合も、お気軽に質問してください。

Jan 11, 2020, 12:46 PM
Q2
Jan 11, 2020, 12:54 PM
地方病にどのような人が感染しているか、聞き込みを通じて調べます。(性別と、年齢層)
A2
Jan 11, 2020, 12:56 PM
Duffy氏は、患者の分布を調べてみたが、老若男女問わず感染者はいるようだ。
だが、感染者が多いエリアと、感染者がそんなに多くないエリアが存在するようだ。
また、農家の人に多いようだ。
[Edited (1)]
Q3
Jan 11, 2020, 1:41 PM
感染者が多いエリアと少ないエリアについて、周辺にあるもの(人工物、自然物問わず)に目立った違いが無いか調べます。
A3
Jan 11, 2020, 2:02 PM
おっ氏は感染者が多いエリアと少ないエリアに共通するものを調べてみた。
この地方には、川が2本流れているが、そのうち大きいほうの川の近くが最も多いようだ。
次いで、2本の川に挟まれたエリア、比較的小さいほうの川の近くのエリア。
最も少ないのはどちらの川からも離れたエリアだった。
Q4
Jan 11, 2020, 2:07 PM
この地方における川の利用方法を調べます。
A4
Jan 11, 2020, 2:13 PM
この地方では、川の水は農業用水として利用されているようだ。
工場などは特に見当たらない。
飲料水は井戸水を利用しているようだ。

A2 追記しました。

Jan 11, 2020, 2:19 PM
Q5
Jan 11, 2020, 2:24 PM
2 特に何の作物を作っている農家で地方病に罹った人が多いか調べてみます。
A5
Jan 11, 2020, 2:44 PM
特に米農家に多いようだ。
Q6
Jan 11, 2020, 2:46 PM
地方病の症状はどんなものだろう。
A6
Jan 11, 2020, 3:02 PM
三神「調べた限り、大きな症状は、手足がやせ細り、
肌が黄色くなり、腹水で腹が膨れることだ。
特に、黄疸(肌が黄色くなる)と腹水(腹水で腹が膨れること)は肝硬変の典型的な症状だから、恐らく肝臓で何かが起きているんだろう。」
Q7
Jan 11, 2020, 2:47 PM
米自体に問題があるのかどうか判別することを目的として、地方病に罹った人と罹っていない人の食生活の違い、特に米の出どころに違いがあるか調べます。
A7
Jan 11, 2020, 3:04 PM
基本的に遠方から作物をわざわざ運ぶような手間のかかることはしないため、
皆、米を含めて地元の作物を食べているようだ。
だが、米を食べない家畜も感染しているため、米が原因とは考えにくいだろう。
[Edited (4)]
Q8
Jan 11, 2020, 3:09 PM
地方病で死者は出ているか、出てるとしたら患者数の何パーセントくらいかを調べる。 [Edited (1)]
A8
Jan 11, 2020, 3:13 PM
地方病の症状が出た場合、回復することは無く、
重症化してやがて死に至る。
致命率は事実上100%である。
Q9
Jan 11, 2020, 3:13 PM
家畜からの感染の可能性を念頭に、人々が家畜由来のもの(肉、乳製品など)を口にしているかどうかを調べます。
A9
Jan 11, 2020, 3:17 PM
家畜でも腹水の症状などは見てわかる為、
症状が出ている個体のものをわざわざ食べる人はいないようだ。
その他の個体はそれなりに食べられている。
Q10
Jan 11, 2020, 3:15 PM
解剖記録(この時代にあったかどうかはわかりませんが)は、ありますか?出来れば肝臓付近に寄生虫の類がいなかったかどうかが気になっているのでわかったら教えてほしい [Edited (2)]
A10
Jan 11, 2020, 3:28 PM
三神「たとえ死んだ後でも体を切り刻まれるのは怖いからな……勇敢な男でも解剖は引き受けてくれないのだ。
……おっと、電報か。少し席を外すぞ。」

!!EVENT!!
三神「聞いてくれ、死後の解剖を志願してくれた患者がいたらしく、その遺体が先ほど県立病院へ運ばれたそうだ。
私も解剖に立ち会うので、明日にでもなれば結果が出るだろう。」

リアル時間で12日の21:00ごろに結果をヒント欄で開示する予定ですが、
結果が出るまでにするべきことがない場合、ゲーム内時間を飛ばして即座に開示できます。
その際は「時間を飛ばす」「スキップ」等書き込んでください。

Jan 11, 2020, 3:28 PM
Q11
Jan 11, 2020, 5:03 PM
この地方の郷土史を調べ、似たような症状の病がはやったことが無かったか調べます。
A11
Jan 12, 2020, 1:42 AM
古い文献に遡ると、戦国時代に武将がこの病気を患っていた記録がある。
その症状から水腫脹満と呼ばれていたようであり、
江戸中期に水腫脹満の民間療法薬が売られていたり、
江戸後期にもこの地域で水腫脹満の者が多かったことが記録されている。
水腫脹満に関することわざもいくつもあり、
水腫脹満の感染者が特に多い地域へ嫁ぐ娘を嘆く歌なども残っている。
どうもこの病気はこの地方で長期間にわたり流行し続けているようだ。
Q12
Jan 12, 2020, 4:55 AM
病気に感染した家畜の種類およびその家畜がどんなものを飲んだり食べたりしていたかを調べます。
A12
Jan 12, 2020, 5:56 AM
主に農耕用の牛、馬が飼育されている。
飼料や飲み水は特に外部から取り寄せたりしているわけではないようだ。
Q13
Jan 12, 2020, 5:05 AM
近くの川から取れる水産物に食用のものはあるか、あるとしたらどんなものがあるかを調査します。 [Edited (1)]
A13
Jan 12, 2020, 6:06 AM
先( A1 )に述べた通り、川の水はきれい(水質的な意味で)なので、鮎などの川魚が獲れ、食用とされている。
Q14
Jan 12, 2020, 5:09 AM
川の水に触れた箇所にかゆみ、発赤、できもの、その他異常がでるといった話がないか、調査します。
A14
Jan 12, 2020, 6:20 AM
川の水に手を付けてもすぐに何かができるという事は無い。
だが、"泥かぶれ"と呼ばれている症状が出ることがある。
Q15
Jan 12, 2020, 6:12 AM
農耕用の牛馬以外に、この地方でよく見られる生物がないか調べます。
A15
Jan 12, 2020, 7:34 AM
普通に犬や猫がいたり、その他の野生動物が居たりするが、
犬や猫にも地方病の感染が認められた。
Q16
Jan 12, 2020, 6:15 AM
川の水を田畑に引くなどする時に何か特殊な素材の配管などを使用していないか調べます。
A16
Jan 12, 2020, 7:35 AM
用水路に配管等は使用されておらず、手作業で土を掘っただけのものが使われている。
Q17
Jan 12, 2020, 6:16 AM
もし技術的に可能なら、この町で採れた米に何か有害な物質が検出されないかどうか調べます。 [Edited (2)]
A17
Jan 12, 2020, 6:23 AM
技術的に可能な範囲で調べてみたが、米からは有害物質は検出されなかった。
(出題者注:技術力不足で見つからなかったというオチは無ので、米に有害物質は無いと考えていただいて構いません。)
[Edited (1)]
Q18
Jan 12, 2020, 6:23 AM
この地域の川の水の塩素含有量を他の地域と比べてみます。
A18
Jan 12, 2020, 6:24 AM
川の水の塩素含有量を調べてみたが、他の地域とはほとんど変わらなかった。
Q19
Jan 12, 2020, 7:36 AM
この地域の農業においてどんな肥料が使われているか調べます。
A19
Jan 12, 2020, 8:06 AM
糞尿だったり、草を刈ったものだったりを使用している。
金肥(購入する肥料:魚の搾りかすや植物油の搾りかすなど、当時は一般的ではなかったが科学肥料も含む)は使用されていない。
Q20
Jan 12, 2020, 8:21 AM
糞尿に何らかの菌類が含まれていないか調べます。
A20
Jan 12, 2020, 9:10 AM
糞便を検査したところ、寄生虫卵と思われるものが見つかった。
糞尿にはもともと細菌などが多量に含まれているので、何か特定の細菌などをそこから探し出すのは難しいだろう。
(ちなみに菌類はカビやキノコなどの事をさします)
Q21
Jan 12, 2020, 8:58 AM
14より、泥かぶれとはどんな症状なのか調べる
A21
Jan 12, 2020, 9:20 AM
現地住民によると、水田や川に入ると、その部分が赤くかぶれることがあるという。
地方病は、必ず泥かぶれの後に発症すると証言する現地住民も少なくない。
Q22
Jan 12, 2020, 9:00 AM
13より、川から獲れた生物を調理する際、他の場所で獲れた同種の生物と何か差異が無かったかを調べる。(腫瘍の類、寄生虫の類の有無を重点的に) [Edited (1)]
A22
Jan 12, 2020, 9:24 AM
川魚を捕獲し調査を行った。
寄生虫を持っている個体もあったが、
他の地域と同様のものばかりで、この地域固有のものは無いようだ。
Q23
Jan 12, 2020, 9:21 AM
ひとまず三神さんに「地方病は糞便に含まれる寄生虫卵が農作物に付着し、それを食べて感染病に至るのではないか」という考えを伝えておきます。
A23
Jan 12, 2020, 9:28 AM
三神「なるほど、この虫卵が寄生したものが悪さをしているという事か。
腸内の寄生虫なら、虫下しで外に出せる。
患者に頼んで試してもらおうか?
[Edited (1)]

!!HINT!!
この問題では、推論が確かなものであるか確かめるための実験を行う場面があります。
また、こちらが提示する場面以外でも実験を行う事は可能です。
実験で確かめられることがある場合は、提案してみるのもいいでしょう。
※地方病は人獣共通感染症なので、動物実験が可能です。

Jan 12, 2020, 9:30 AM
Q24
Jan 12, 2020, 9:31 AM
三神さんの提案に従い、患者に虫下しを試してもらいます。
A24
Jan 12, 2020, 9:36 AM
三神「よし、試してみよう。」
~~しばらく後~~
三神「試してみたが、虫卵が多めに出たくらいで、
寄生虫そのものは出てこなかった。
この虫卵を産んだ寄生虫は腸に寄生するものではなさそうだ。」

!!EVENT!!
三神「解剖に立ち会ってきた。
患者の肝臓は予想通り肝硬変を起こしていた。
また、肝臓には未知の虫卵とみられるものが多数付着していた。
しかし、寄生虫そのものは肝臓には見つからなかった。
また、これも肝硬変の症状であるが、
門脈(消化管と肝臓を繋ぎ、消化管で吸収された栄養を肝臓に処理させるための血管)
が広がっていた
ことが分かった。」

Jan 12, 2020, 12:02 PM

!tips:肝硬変とは (メモに移設しました。)

[Edited (4)]
Jan 12, 2020, 12:09 PM
Q25
Jan 12, 2020, 12:48 PM
ということは寄生虫本体は消化管もしくは胃にいるのかな?解剖ではそちらも開きましたか?また、それ以外の場所でも、寄生虫本体や、多くの虫卵があった場所はありましたか?
A25
Jan 12, 2020, 12:54 PM
三神「いや、そこまで詳細に調べてはいないが、
先ほど( A24 )調べた通り、消化管内にはいないようだ。
あと、虫卵がある場所は、肝臓以外だと小腸や大腸の中くらいだったはずだ。」

三神「肝臓で見つかった虫卵を産んだ寄生虫が見つかればいいんだが……。
出来れば生きた状態で。
だが、寄生虫は大きいとは限らないから、体全体を調べるのは無理だ。
一体どこにいるんだ?」
mission2:寄生虫はどこに?
※1:例えば肝吸虫(肝臓ジストマ)は体長2㎝、虫卵は直径30µm。今回の虫卵は直径約70µm。
※2:検証には既に地方病を患っている猫などを使用します。

Jan 12, 2020, 1:20 PM
Q26
Jan 12, 2020, 1:51 PM
消化系のうち口から肝臓までの部分を調べます。
A26
Jan 12, 2020, 1:55 PM
三神「消化管のうち口から咽喉、食堂を経て胃、十二指腸、胆管、胆嚢、肝臓と調べてみたぞ。
結構時間がかかったが……
寄生虫はいなかった。
それどころか、肝臓以外には虫卵もなかったぞ。十二指腸にもだ。」
Q27
Jan 12, 2020, 4:18 PM
三神さんに「寄生虫は確実に地方病の患者の体内に残留しているものなのか?排泄や何らかの方法で体外に寄生虫が排出されたり体内で消化されたりして寄生虫が体内から居なくなってしまう可能性は無いのか?」を確認します。 [Edited (1)]
A27
Jan 13, 2020, 1:49 AM
三神「普通に考えて、それはあり得ないな。
虫卵があるという事は人間や獣に寄生しているのは成体なわけだが、
寄生虫の成体が寄生する目的は"生きること"と"卵を産み続けること"だ。
だから、消化されたりして死んでしまうような事は無いし、
わざわざすみかを離れて野垂れ死ぬ事も無い。
虫卵があれば、そこには必ず寄生虫の成体がいるはずなんだ。」
(出題者注:全ての寄生虫がこうであるというわけではありません。
しかし、調べた限りでは、
虫卵を体内で産むのに成体が体内から消えるという例はありませんでした。
今回の問題の題材に関しても同様です。)
Q28
Jan 12, 2020, 11:04 PM
この街のトイレの衛生環境を調べます。
A28
Jan 13, 2020, 1:54 AM
トイレは一般的な汲み取り式だ。
汲み取った排泄物は肥料としても利用される。( A19 )
Q29
Jan 13, 2020, 2:09 AM
三神さんに「寄生虫が患者の体表面にいる可能性は無いか」を確認します。
A29
Jan 13, 2020, 2:49 AM
三神「なるほど、外部寄生虫――ノミやシラミなどの可能性か。
だが、その可能性は低いだろうな。
というのも、外部寄生虫は基本的に体内に虫卵を運ぶ手段を持っていないんだ。
体表面でそのまま産卵すれば、そのまま別個体の体表面へ移行できるし、落下させるのも容易だからな。」
[Edited (1)]

!tips:終宿主 (メモに移設しました。)

[Edited (1)]
Jan 13, 2020, 2:32 AM
Q30
Jan 13, 2020, 3:17 AM
三神さんに「例えば患者が自分の皮膚を触ったときに虫卵に触ってしまい、虫卵の付着した手で食べ物を食べて虫卵だけが体内に入ってしまった可能性は無いのか」を尋ねてみます。
A30
Jan 13, 2020, 4:26 AM
三神「だとしたら、どうやって肝臓に虫卵が到達したのかがわからないな……。
虫卵は自力では動けないから、
肝臓で産まれたか、何らかの手段で肝臓に運ばれたはずなんだが……。」
[Edited (1)]
Q31
Jan 13, 2020, 4:47 AM
三神さんに「患者の肝臓から虫卵以外に何か特別なものは見つからなかったか」を尋ねます。
A31
Jan 13, 2020, 5:03 AM
三神「それが……虫卵以外は典型的は肝硬変の肝臓だった。特に変わったものはなかった。
先に述べた通り、
肝臓が繊維組織で硬くなり、
門脈が肥大化していた。」
[Edited (1)]
Q32
Jan 13, 2020, 8:46 AM
消化管から肝臓に流れ着いたようなので、門脈系を通って肝臓に辿り着いたのでしょう。となると、門脈系で他に侵入しうるのは脾臓でしょうか?脾臓には虫卵や虫体は見当たりませんか? [Edited (2)]
A32
Jan 13, 2020, 10:02 AM
三神「なるほど、血管を移動した可能性は十分考えられるな。
調べてみよう。」
~~しばらく後~~
三神「脾臓にも寄生虫はいなかったし、虫卵もなかった。
悪くない考えだと思ったのだが……。」
[Edited (1)]
Q33
Jan 13, 2020, 8:51 AM
あるいは、肝臓から肝静脈に侵入し、体循環に回ったとすると、最初に流れ着くのは心臓の右心系、次に肺ですね。心臓や肺には寄生虫は見つかりませんでしたか? [Edited (1)]
A33
Jan 13, 2020, 10:27 AM
三神「一応調べてみるが、その可能性は低いと思う。
というのも、寄生虫(内部寄生虫)は、一般的に寄生している場所から動くことは無い。
自分が住むことに適した場所に寄生しているんだから、わざわざ移動して自分にとって都合の悪い場所へ移動する事も無いからな。
実際、いくらかの寄生虫は自分の体を吸盤などで固定できる。
だから、成虫がうっかり流されるという事は無いはずなんだ。
とりあえず、調べてみよう。」
~~しばらく後~~
三神「うーむ、心臓と肺となると本当に範囲が広かった……。
調べてみたが、寄生虫はいなかった。
循環器系の肝臓より先にはいないのではないか?」
Q34
Jan 13, 2020, 10:12 AM
「体全体を調べるのは無理とのことだが、体の小さい猫であれば体全体をくまなく調べられるのではないか」と三神さんに提案します。
A34
Jan 13, 2020, 10:31 AM
三神「まぁ、猫くらいであれば不可能ではないが……
かなり時間を取るぞ?
全体となると、臓器だけでなく血管や筋肉、神経なんかも調べることになるわけだからな……。
それでもやってみるか?」
[Edited (1)]

!!ATTENTION!!
猫の体内全体の調査を行う場合、制限時間が4日間早くなり、1月21日(火)までになります。
範囲を限定する場合は、それに応じて制限時間の変化を小さくします。

Jan 13, 2020, 10:33 AM
Q35
Jan 13, 2020, 10:45 AM
32 一応、腸間膜の血管や脂肪組織内にもいないか調べられないでしょうか。門脈系の血管は腸間膜内を経由してますので。 [Edited (1)]
A35
Jan 13, 2020, 10:57 AM
三神「腸間膜の血管というと、要するに門脈の一部と、それに並走する動脈だな。
脂肪組織はいわゆる内臓脂肪だな。
まぁ、これくらいなら……」
~~しばらく後~~
三神「いたぞ!!小腸と肝臓を繋ぐ血管の中だ!!
こいつの産む虫卵と肝臓の虫卵、糞便中の虫卵が同じかどうか確認出来たら、こいつで決まりだ!」

三神「先ほど見つけた寄生虫が肝臓や糞便にあった虫卵の主であったことが確認できた。
皆の協力のおかげで、地方病が未知の寄生虫による病気である事が判明した。本当にありがとう!
引き続き、地方病の撲滅に向けて協力して欲しいところだが、その前にこの新種の寄生虫に名前を付けなければならない。
どうしようか?」

Default name"日本住血吸虫"

[Edited (2)]
Jan 13, 2020, 10:58 AM

メモ欄、回答欄、ヒント欄の内容など、
地方病や病原体に直接関係のない質問も承っております。
その為の質問数無制限ですが、そういえば詳しく述べることを忘れていたので追記。

Jan 13, 2020, 11:19 AM
Q36
Jan 13, 2020, 11:24 AM
「泥」かぶれから始まる「深」刻な病なので、深泥(しんでい)病と名付けましょう。
A36
Jan 13, 2020, 11:35 AM
三神「なるほど、では寄生虫のほうは深泥虫だな。」
Q37
Jan 13, 2020, 11:33 AM
寄生虫による病であるということは、河川に中間宿主となる生物があるということでしょうか。その生物を見つけて駆除すれば、流行は抑えられますかね?
A37
Jan 13, 2020, 11:36 AM
三神「そうだな、中間宿主が存在する場合、
中間宿主がいなくなれば変態が出来なくなって終宿主への寄生もできなくなる。

問題は、そもそも中間宿主が存在するかどうかだが……
確かめる方法は無いだろうか?

三神「これで、めでたく深泥病(先ほど命名)の原因が分かった。
だが、血管内の寄生虫だから、薬なんかで殺したところで外に出す手段がないし、
肝臓にたまった虫卵についてもやはり外に出す手段がない。
深泥病の対策は感染しないようにする事だけになりそうだ。
その為には、感染経路を探らなければならない。」
mission3:感染経路を探れ!

Jan 13, 2020, 11:37 AM

三神「もし中間宿主が存在すれば、それを駆除することで深泥虫を根絶できるかもしれない。
そうすれば、新泥病も無くなる。
だが、中間宿主がいるのかどうかもわからない。」
mission3.9:中間宿主は?

Jan 13, 2020, 11:39 AM
Q38
Jan 13, 2020, 11:44 AM
ひとまず、米に虫卵が付着しているかどうか調べてみます。
A38
Jan 13, 2020, 11:47 AM
米に虫卵が付着しているかどうか調べたが、
虫卵は確認できなかった。
そもそも、もみ殻に包まれているうえに、
炊いて食べる米が原因だとは思えないが……。

メモを更新しました。(必ず使うとは限りませんが、)新情報が追加されています。

[Edited (1)]
Jan 13, 2020, 11:55 AM
Q39
Jan 13, 2020, 12:28 PM
3より、どちらの川からも離れた感染者の最も少ない地域の感染者に聞き取り調査をします。一週間以内に素肌を川の水に触れさせなかった者はいるか?
A39
Jan 13, 2020, 12:37 PM
聞き取り調査の結果、
『わざわざ川に入ることは無い』
という事で、ほとんどの人が川の水に触れてはいなかった。
Q40
Jan 13, 2020, 2:58 PM
2つの川に共通して、生息している生物にはどんなものがいますか?特に貝類に注意して聞き取り調査を行う。
A40
Jan 14, 2020, 11:30 AM
どちらの川も生態系は共通しているようだ。
魚だったら鮎や鯉なんかの川魚やドジョウ、
両生類ならカエル、
甲殻類ならサワガニ、
貝類ならヒメタニシ、カワニナ、サカマキガイなど、
昆虫だったら蜻蛉や蛍もいる。
Q41
Jan 14, 2020, 10:57 PM
40の中で、米農家の田んぼにも生息している生き物がいるかどうか調べます。
A41
Jan 15, 2020, 4:36 AM
魚に関しては農業用水路を通って迷い込む例があるに過ぎない。
サワガニもほとんど見られない。
カエルはそれなりの頻度で見られる。
ヒメタニシなどの貝類は多数存在する。
蛍はいないが、蜻蛉は飛来する。
Q42
Jan 15, 2020, 1:27 AM
田んぼの水中にボウフラが存在しないかを調べます。
A42
Jan 15, 2020, 4:38 AM
ふと見下ろすと、田んぼの中でボウフラがヤゴにカニバられていた。
ボウフラはいるようだ。
[Edited (1)]
Q43
Jan 15, 2020, 9:45 AM
41 カエルとヒメタニシを調べます。もし時間が掛かるようなら、ヒメタニシを先に調べます。
A43
Jan 15, 2020, 10:49 AM
とりあえず、ヒメタニシから……
!!
何かしらの寄生虫っぽい微生物がヒメタニシの中で増殖と変態を行っていた!
カエルはそうでもなかった。
……あ、この貝よく見たらヒメタニシじゃない。
なんだこれ?とにかく新種っぽい貝だ。
Q44
Jan 15, 2020, 1:48 PM
43 そのヒメタニシらしい貝に寄生した生物が深泥虫かどうか調べます。 [Edited (1)]
A44
Jan 15, 2020, 3:14 PM
発見された生物は、楕円形の生物→内部に粒が見えるアメーバ状の生物→内部の粒が飛び出し、尾が生えた生物と変態するが、どれも深泥虫とは似ていないし、サイズも100分の1ほどしかない。だが、そもそも幼生と成体ではまったく似ていない事もざらである。どうやって確かめようか? [Edited (1)]
Q45
Jan 15, 2020, 5:35 PM
少々心は痛むが、まだ病にかかってない猫の上腸間膜静脈にその生物を注入し、経緯を観察する。
A45
Jan 16, 2020, 3:29 AM
地域外から猫を取り寄せ、
尾が生えた生物(セルカリアという)を上腸間膜静脈に注入して経過を観察した。
一月経っても目立った症状は見られなかったが、
血管を調べたところ、深泥虫の存在を確認できた。
[Edited (1)]

三神「先日見つかった新種の貝が中間宿主である事が判明した。
このまま新種の貝と呼ぶのもどうかと思うし、名前を付けよう。
どうしようか?」

Default name “エルナトガイ
(出題者注:元ネタでは、発見者の名前が使用されています。)

Jan 16, 2020, 3:36 AM

三神「エルナトガイが中間宿主であるということが分かったから、
感染予防は次の3つの方法があるという事になる。
①エルナトガイへの感染の阻止
②エルナトガイの根絶
③エルナトガイからヒトへの感染の予防

このうち、①と③を遂行するためには、感染経路を含む深泥虫の詳細な生活環の把握が必要であるし、
②を遂行するためにはエルナトガイの生態を知っておく必要があるだろう。」
mission3:感染経路を探れ!(再掲)
mission4.5:エルナトガイを知ろう
Final Mission A:エルナトガイへの感染を阻止する方法を提示せよ
Final Mission B:エルナトガイを根絶する方法を提示せよ
Final Mission C:ヒトへの感染を防止する方法を提示せよ

[Edited (4)]
Jan 16, 2020, 3:47 AM
Q46
Jan 16, 2020, 1:32 PM
仮名エルナトガイとエルナトガイの生息している水を加熱して、煮沸消毒が有効かどうか試す。可能なら、何度で何分くらいで効果が出るかも試す。
A46
Jan 16, 2020, 2:31 PM
エルナトガイを水ごと採取し、
煮沸してみた。
5分間沸騰させたら完全に茹で上がった。
微生物が生きている様子もない。
[Edited (3)]
Q47
Jan 16, 2020, 5:28 PM
飲料用に使っている井戸の中にエルナトガイ(仮称)がいるか調べる。
A47
Jan 17, 2020, 9:40 AM
井戸を調べてみると、
井戸のそばや、井戸の側面にもエルナトガイが居るところもあった。
井戸の中をさらってみると、
エルナトガイが居ることがわかった。
上から侵入したのだろうか?
[Edited (1)]
Q48
Jan 17, 2020, 10:50 AM
飲用、常用問わず、基本全ての水分を使用前に十分間煮沸消毒を行うように働きかける。とりあえず患者の増加にストップをかける事が優先だ。
A48
Jan 17, 2020, 11:00 AM
三神「ちょ、ちょっと待て。
飲用はまだ分かるが常用ってどういうことだ?
特に米農家なんかは水田の水を煮沸なんて非現実的だ。
まずは感染経路――経口感染か経皮感染か――を調べるべきではないか?
まぁ、やって損は無いし可能な限り煮沸を行うようにとは言っておこう。」
Q49
Jan 17, 2020, 10:56 AM
45の猫は深泥病を発症したか?それとも発症の兆候もないか? [Edited (1)]
A49
Jan 17, 2020, 11:02 AM
三神「症状が出なかったから解剖して感染を確認したわけだが、
その時はオス1個体しか寄生していなかった。
虫卵を産まれなかったから症状が出なかったんだろう。」
Q50
Jan 17, 2020, 10:58 AM
セルカリア、エルナトガイ(仮称)に対して有毒で、人に無害な薬品がないか調べる。
A50
Jan 17, 2020, 11:18 AM
様々な物質を調べた結果、生石灰がエルナトガイの殺貝("さつばい"と読む)に効果的だとわかった。
だが、人体への影響に関していえば、全く無害とは言えない。
[Edited (1)]
Q51
Jan 17, 2020, 11:58 AM
経口感染か経皮感染かを調べる。経皮なら、ゴム手袋などの防護策が有効かどうかも併せて調査する [Edited (1)]
A51
Jan 17, 2020, 1:28 PM
三神「牛を取り寄せて実際に感染させて調べるが、それで問題無いな?
経口感染するかどうかは、特製マスクで口を塞いで煮沸した物以外を勝手に食べられないようにしたグループとそうでないグループで分ければいいだろうが、
経皮感染については、防護策を施したグループとそうでないグループで比較するくらいしかできないと思う。
この方法で問題ないか?
[Edited (1)]
Q52
Jan 17, 2020, 3:53 PM
その方法で問題ない。ただ、牛に感染しないとなったら意味が無いので、牛の感染例があるかどうかは知りたい。
A52
Jan 18, 2020, 4:37 AM
牛への感染は既に確認されている。( A7 A12 )
それでは、実験を行おう。
甲群:経皮感染を予防、経口感染を予防せず
乙群:経皮感染を予防せず、経口感染を予防
丙群:経皮感染を予防、経口感染も予防
丁群:経皮感染を予防せず、経口感染も予防せず
もし丙群に感染があれば防護策が不完全であった事になり、丁群に感染が無ければそもそも病原体がいない所で実験をしてしまった事になる。
ではやってみよう。
~~1ヶ月後~~
結果が出た。
乙群と丁群は全頭感染し、甲群と丙群は1頭の感染も無かった。
経皮感染であるという事が判明した。
ゴム等での防護策の効果があるという事も判明したな。
[Edited (1)]
Q53
Jan 18, 2020, 5:16 PM
セルカリア、エルナトガイを捕食する天敵となりうる生物がいないか調べる [Edited (1)]
A53
Jan 19, 2020, 1:32 AM
セルカリアについてはわからなかったが、
エルナトガイを捕食する生物はアヒル等やホタルの幼虫等が該当した。
Q54
Jan 18, 2020, 5:23 PM
経皮感染であるという事が判明したことを住民に知らせ、水に直接触らないこと、触る必要があるときはゴム手袋等の予防策をとるか、8分以上(5分とあったが余裕を見て)の煮沸消毒を行うこと。以上の対策を広める。また、教育が十分でない者にもわかるように、説明方法を工夫する。
A54
Jan 19, 2020, 1:39 AM
三神「そうだな、すぐにでもこの事を皆に知らせよう。
触る必要があるから煮沸消毒をするというのはほぼ不可能な気がするが……」
(出題者追記:教育が十分でない者にもわかるように工夫するというのを具体的に考えていただけるならボーナスで……正解を差し上げるかもしれません。
水平思考のサイトですし。
)

今回の問題の最終目的は、地方病の根絶ですが、
実際の地方病根絶には様々な要素が関わっています。
なので、その中の2つの対策をこちらで選び、それが出た時点で問題は終了(ほかの方法も挙げたい場合は延長戦)
という方針にしました。
(え、じゃあFinal Missionが3つあるのは何故って?
あれは分けて考えたほうがいいかなって思って敢えて分けただけで……)
そのうちの1つは先ほど挙げられた地方病のメカニズムの啓蒙活動です。
もう1つ、ある対策を挙げていただければ問題は終了します。

Jan 19, 2020, 1:52 AM
Q55
Jan 19, 2020, 2:34 AM
ホタルの幼虫を大量に用意して(必要なら養殖して)この辺り一帯のエルナトガイを絶滅、ないし激減させる事は可能だろうか?また、ホタルが増えすぎた場合のデメリットがあるかもあわせて調査する。
A55
Jan 19, 2020, 3:11 AM
三神「不可能ではないだろうが、
ホタルが環境に適応できるのかという点がある。
まぁ、それはやってみて確かめればいい。
それよりも問題なのは、
①ヘイケボタル(の幼虫)は淡水産巻貝を食べるので、エルナトガイ以外のカワニナ等も食べてしまう。
エルナトガイは( A47 で少し触れたが)意外と活動的なので、
水から出て移動することもあるが、ヘイケボタル(の幼虫)はそうではない。

という点だな。」
Q56
Jan 19, 2020, 2:36 AM
寄生虫の寄生方法や、病気の大まかなメカニズム、予防方法などを紙芝居にしてわかりやすく解説できるようにして、村の集会などで実演する。その後各家庭に配布して子供に読み聞かせてもらう。字の読める人がいない家庭の場合は、そういう人を集めてこちらで実演、解説する。 [Edited (2)]
A56
Jan 19, 2020, 3:13 AM
三神「それはいい方法だ、ぜひ取り入れよう!
出題者注:解説の挙動が不安なので、後ほど正解を付けます。
[Edited (1)]
Q57
Jan 19, 2020, 2:45 AM
農業用水路や、田畑に生石灰をまいた場合、人体や作物に悪影響があるかどうかを調査する。
A57
Jan 19, 2020, 3:20 AM
水に対して石灰が1%から2%になるように石灰を散布するとエルナトガイを駆除できるが、
その場合はほかの巻貝にも影響が出るだろう。
そうするとそれらを餌とする生物も生息できなくなる。
……生態系へのダメージについてはある程度目をつぶるしかないのだろう。
植物への影響はなく、石灰を含まれた水で育てられた作物を人間が食べても問題は無い。
人間も大量摂取すれば腹を壊すが、精々その程度である。
[Edited (1)]
Q58
Jan 19, 2020, 5:12 AM
井戸に石灰を混ぜた場合、エルナトガイが全滅した後、その後の対処で石灰の影響を軽減、解消できるかどうかを調べる。 [Edited (2)]
A58
Jan 20, 2020, 3:28 AM
井戸に石灰を入れた場合、井戸から石灰分が出ていかないため、
その水は濾過しないと飲めない事になる。
(多少ならば問題ないだろうが)
飲まない場合は問題なく使用できるだろう。
Q59
Jan 20, 2020, 2:40 PM
お金はかかるとしても命には変えられないので、濾過設備を導入して井戸の近くに設置することを提案します。
A59
Jan 20, 2020, 2:48 PM
三神「そうだな。井戸毎に濾過装置を入れるくらいならば、この際、上水道を速やかに整備するように呼び掛けよう。」
Q60
Jan 20, 2020, 3:39 PM
石灰散布によるエルナトガイの駆除、濾過装置導入による井戸水の無害化の他にもすべきことがあるか三神さんに確認します。
A60
Jan 21, 2020, 11:48 AM
三神「この地方は広いから、
エルナトガイの駆除にも何十年もかかるし、
井戸水を無害化しても元々経口感染はしないからな……。
もっと抜本的な、大胆な手があるといいんだが……。」
[Edited (1)]
Q61
Jan 21, 2020, 12:09 PM
60 「広い」とはどのくらいでしょうか? [Edited (1)]
A61
Jan 21, 2020, 12:14 PM
三神「大体県の1割、約300㎢だ。」
訂正:正しくは約200㎢(1950年代)でした。
[Edited (3)]
Q62
Jan 21, 2020, 12:27 PM
60,61 大胆に全部燃やしてみることを提案します。
A62
Jan 21, 2020, 12:33 PM
三神「広すぎて燃やすだけでもかなりの時間がかかる。
水田はともかく川はせき止められないし……
まあやるけど。」
Q63
Jan 21, 2020, 12:37 PM
水田・・・川・・・川西?この辺りに和牛は居ますか?
A63
Jan 21, 2020, 1:27 PM
三神「川西?……和牛?心当たりは無いな……」
Q64
Jan 21, 2020, 1:47 PM
62 これであとはゆっくり待てば地方病は根絶出来ると思いますが、放火罪で捕まるのもイヤなので逃げます。
A64
Jan 22, 2020, 12:26 PM
三神「そうか、逃げるのか……達者でな。」

HINT
エルナトガイは、水辺に住む生き物です。

Jan 22, 2020, 12:28 PM
Q65
Jan 22, 2020, 12:56 PM
この地方に火を放ってもエルナトガイは駆除できないということでしょうか?
A65
Jan 22, 2020, 1:08 PM
三神「火炎放射器での殺貝を行っているが、 A62 の通りだ。
まだ何十年と時間がかかるだろう。
……まさかとは思うが、住民や家財なんかも含めて何もかも焼くつもりか?
そういう時に限って燃えやすい家屋ばかり燃えて、
エルナトガイは焼き残してしまうと思うが……」
Q66
Jan 22, 2020, 1:18 PM
ダムなどを作って暫く川を堰き止めることは可能でしょうか?
A66
Jan 23, 2020, 1:02 PM
三神「可能だが、おっ氏の思っているほど長い間せき止めることはできないだろう。」 [Edited (1)]
Q67
Jan 23, 2020, 4:12 AM
(すでに火炎放射器まで持ち出してますが)ここら一帯の水田をつぶした場合、住民の生活保障を行うことは可能ですか?
A67
Jan 23, 2020, 1:02 PM
三神「潰した場所の使い方次第だな。」 [Edited (1)]
Q68
Jan 23, 2020, 4:16 AM
水田を潰して、コンクリートなどで舗装した場合、その上に建物を建てる事は可能ですか?(地盤的問題も含む)
A68
Jan 23, 2020, 1:04 PM
三神「不可能ではないが、コンクリートは安くないし(当時)、水田だったわけだから地盤が強いとは言えないな……。」
Q69
Jan 23, 2020, 1:58 PM
67 水田を普通に埋め立てて土地として使うことは可能でしょうか?
A69
Jan 23, 2020, 1:58 PM
三神「それは可能だ。埋めるだけだからな。」
Q70
Jan 24, 2020, 2:01 AM
今後の予想として、これからコンクリートは全国で大量に使われどんどん安価になっていき、井戸は廃れて大部分が水道に取って代わられると思う。土地を埋め立てて、コンクリートで補強するの自体は後回しにして、井戸も一足先に水道に切り替える事は可能だろうか?
A70
Jan 24, 2020, 10:58 AM
三神「そうだな。その方向性で既に動いている。( A59 )」 [Edited (1)]
Q71
Jan 24, 2020, 11:03 AM
69 もし水田を埋め立てることにデメリットがなく、エルナトガイの被害が抑えられそうであれば実行したいのですが、どうでしょう。農家の方々には申し訳ないですが……。
A71
Jan 24, 2020, 2:02 PM
三神「地方病から解放されるのならと、皆賛同してくださった。
出来れば埋め立てた後の土地利用の方法も見出だしてもらえるとありがたいのだが……
※土地利用の方法を提案してもらえれば、ボーナスがあるかもしれません。
[Edited (1)]

終了条件が達成されましたが、今現在PCが使えず、スマホでは編集が難しいので、
問題の終了時刻は1月25日(土)22:00ごろとします。
Additional Question:ここは何県でしょう?

[Edited (6)]
Jan 24, 2020, 2:04 PM
Q72
Jan 24, 2020, 2:25 PM
三神三朗・・・三が重なっているので三重県ですか?
A72
Jan 25, 2020, 2:40 AM
三神「私の名前は関係ないぞ」
Q73
Jan 25, 2020, 2:45 AM
埋立地は野球場が良いです。野球しましょう野球。
A73
Jan 25, 2020, 3:54 AM
三神「野球か。野球はいいな。
……ってさすがにそれで全部は無理だ。土地の持ち主の食い扶持はどうするんだ。
まぁ、1ヶ所くらいは球場にできるだろうが。」
[Edited (1)]
Q74
Jan 25, 2020, 11:24 AM
71 新国立競技場を建てましょう。きっと2020年くらいに日の目を浴びるはずです。
A74
Jan 25, 2020, 11:42 AM
三神「新も何も、国立の競技場なんて日本のどこにもないぞ。しいて言えば明治神宮外苑競技場くらいだ。((旧)国立競技場の前身。1924年(大正13年)開場)
国立のものを造るなら一地方の一存では決めかねるぞ……。」
Q75
Jan 25, 2020, 11:24 AM
水田が広がっているということは北陸地方ですよね?
A75
Jan 25, 2020, 11:42 AM
三神「水田が無ければ年貢を納められないんだから、水田なんかどこにでもあったぞ。
というか今しがた水田を埋め立ててるから
メタ的に言えば君たちの認識で言えば水田がない場所だ。」

200㎢は新国立競技場の敷地面積の2000倍です。
なのでそろそろ単一の施設で何とかするというのは諦めていただけると……。

Jan 25, 2020, 11:51 AM
Q76
Jan 25, 2020, 12:23 PM
75 なーんてのは冗談ですよ!いやだなぁ、私達が今いる場所が何県か分かっていないなんて、そんな方向音痴じゃないですよ! だって、ねぇ? 海無し県ですもんね?
A76
Jan 25, 2020, 1:05 PM
三神「確かにここは海無し県だな。」
Q77
Jan 25, 2020, 12:26 PM
普通に住宅街にしてしまいますか? それかオフィス街……
A77
Jan 25, 2020, 1:06 PM
三神「何でそう多くの人を呼び込む必要があるものばかり……。」
Q78
Jan 25, 2020, 1:07 PM
76 ですよねー!だって岐阜県ですもんね!飛騨の雪深い冬は耐えられたもんじゃないですよ!
A78
Jan 25, 2020, 1:27 PM
残念ながら岐阜県はそれなりにお米作ってます。
Q79
Jan 25, 2020, 1:08 PM
77 じゃ、じゃぁ、「地平線が見える丘公園」に……
A79
Jan 25, 2020, 1:28 PM
三神「……苦しいかな」
Q80
Jan 25, 2020, 1:20 PM
もう一度自然を形成し直して自然保護区にしますか? [Edited (1)]
A80
Jan 25, 2020, 1:29 PM
三神「もう住むことすら諦めるわけか。それもまた手……ってそれくらいなら最初からここから出て行けよかったじゃないか」
Q81
Jan 25, 2020, 1:51 PM
海無し県と言えば埼玉県ですよね。さいたまさいたま!
A81
Jan 25, 2020, 1:55 PM
残念ながら埼玉県でもないんです。
Q82
Jan 25, 2020, 1:57 PM
鉄道敷きます?自然と発展していくかもしれませんよ。
A82
Jan 25, 2020, 2:02 PM
三神「かもしれないな。」 [Edited (1)]
Q83
Jan 25, 2020, 2:03 PM
奈良なら……奈良なら正解になるかも!
A83
Jan 25, 2020, 2:08 PM
奈良でもないです。
Q84
Jan 25, 2020, 2:10 PM
では長野で。
A84
Jan 25, 2020, 2:12 PM
長野でもないです。けっこうお米作ってます。
もう半分外れましたね……。
[Edited (2)]

23:30で〆ます。

Jan 25, 2020, 2:26 PM

紙芝居などの努力によって、老若男女問わず新泥病を理解した結果、
エルナトガイは石灰や火炎放射器で徹底的に殺貝され続け、
水田は埋め立てられた。
少しづつ、この地のエルナトガイは滅んでいき、
それと共に新泥病も消えていくだろう。
代償として、米農家は職を失ったが、
何もない土地を走る鉄道は、
果たして彼らの新たな職を生むのか、
それは神のみぞ知る……
カミニマカセナイデ

Jan 25, 2020, 2:31 PM

この偉業を成し遂げた三神三朗、Duffy氏、エルナト氏、アーク氏の名は後世まで語り継がれ、
Duffy氏の名は鉄道に、エルナト氏の名は競技場に残されることになった。

Jan 25, 2020, 2:32 PM

なお、おっ氏は逃亡の際に完璧に自らの痕跡を消し去ったので、
誰一人として彼の名を語り継ぐものはおらず、
おっ球場の名前の由来は永遠にわからないままであった……。

Jan 25, 2020, 2:32 PM

さて、一体ここは何県で、埋め立てた土地は実際はどう利用したのか?
その答えは解説の"序文"に書いてあります。

Jan 25, 2020, 2:32 PM

山梨県は、耕地を占める水田の割合が全国で5番目に低い。(令和元年)
その理由としては、

  • 日照時間が長い、降水量が少ない、1日の気温差が大きいなど、果樹栽培に適した気候である
  • 江戸時代より、江戸(明治以降は東京に名前が変わる)という世界有数の都市が近くにあり、甲州街道で直結されているため、
    新鮮な果物をすぐに消費者に届けられる。

等の理由で果樹栽培が盛んである事も大きいが、ほかにも理由がある。その1つが、

  • 日本住血吸虫症に感染しないようにするために、
    長期間水を張る必要があり、その水に浸かって作業を行う必要がある水田を止め、
    その必要のない果樹栽培へ土地利用の転換を行ったから。

である。

皆さんの食べている果物も、もしかしたら死闘の果ての副産物なのかもしれない。

参考文献:日本語版wikipedia:地方病_(日本住血吸虫症)

正式名称は日本住血吸虫症。
日本住血吸虫が寄生することによって引き起こされる寄生虫症である。

日本住血吸虫が肝門脈に寄生すると、
そこで有性生殖を行い産卵する。
産卵した虫卵は小腸の腸壁を分解し腸内へと落下、排泄されるが、
そうならずに肝臓へ流れ着いた虫卵が肝臓を分解し、ダメージを与える。
肝臓が傷つきすぎると、肝硬変になる。

排泄された虫卵は、水中で孵化し、ミラシジウム幼生になる。
ミラシジウム幼生は、特定の巻貝――ミヤイリガイの体表を破り体内に侵入、
そこでスポロシスト幼生に変態する。
スポロシスト幼生は体内から複数の娘スポロシスト幼生を生み、
娘スポロシスト幼生は体内から複数のセルカリア幼生を生む。

尾が二又のオタマジャクシのような形態のセルカリア幼生は、
ミヤイリガイの体表を破って水中へ進出。
その水に哺乳類が手足等を入れると、
体表を食い破って血管に侵入。
そのまま寄生部位(肝門脈)まで流れ着く。
体表を食い破られた時に皮膚に起こる炎症をセルカリア皮膚炎といい、
現地の人はそれを泥かぶれと呼んでいた。

地方病を撲滅するために動き出してから、
世界中の誰も知らなかった寄生虫を発見し、その寄生虫に日本住血吸虫と命名し、
(中国、フィリピンなどの東アジア、東南アジアに分布しているので、日本人以外も知りえたが、
最初に発見したのは日本人である。)
寄生虫の中間宿主が淡水産巻貝であるという事実を世界で初めて見出し、
(この発見を受け、ビルハルツ住血吸虫とマンソン住血吸虫の中間宿主が発見された。)
そして日本住血吸虫、ミヤイリガイを徹底的に排除し、
遂には日本住血吸虫を国内から駆逐するまでには、
実に115年もの年月を要した。

「タブ:地方病とは」にて地方病の解説を行ったが、
プレイヤー達はまずはその事実を知る必要がある。

最初に周辺住民への聞き込みを行えるが、
この時は、後から影響してくる情報も落とすようにしている。
また、聞き込みが不可能になる事は無いので常に情報は得られる。

最初にプレイヤーが行わなければならないのは、"解剖"という言葉を使用する事。
“解剖"という単語を使用することで、史実でも地方病究明の契機となった、
イベント"杉田なかの検体”
が発生する。
このイベントにより、肝臓で虫卵が発見される。

この虫卵が原因であるならば、寄生虫がどこかに存在するはずである。
その寄生虫を探すのが、次の行動である。

手掛かりとして、虫卵が肝臓、小腸、大腸からのみ発見されるという事実がある。
(実際はごくまれに脳などに虫卵が流れ着くことがあるが、
ミスリードにしかならないので今回はそういう例には出会わなかったことになっている。)
また、下剤を用いても虫卵しか出てこないというのもヒントになる。
これらから、肝臓と小腸に関係する場所に寄生虫がいるという事が推測できる。
そういう場所があるのか直接質問してもいいが、
質問しなくてもプレイヤーは知っているだろう。
それは、"門脈"である。

何故解剖のイベントで、唐突に門脈の描写が出てくるのか。
何故門脈の説明がなされるのか。
それは、門脈が肝臓と小腸を繋ぐ血管であるという事を知ってもらうためである。

一応であるが、漠然と血管内という答えであっても、
具体的にどこのものであるかというのを質問して誘導するつもりではあった。

寄生虫が発見されたので、次に突き止めるのは、
その生活環=どうやって感染するかである。

まず、感染原として、最も疑われるのは水である。
聞き込み調査でも、水との関連性をこれでもかと強調されるだろう。
実際に感染源は水なので、それ以外のものを調べたり何かしたりしても何も起こらない。
水が感染源であると確定させる情報ではないが、
虫卵を水につける実験を行うと孵化する。(この情報は調査で明かになる事は無かったが……)
この事実も水と寄生虫との関連性をより確実にするだろう。

水が感染源であるとすると、感染ルートは
飲んで感染する経口感染と、
触れると感染する経皮感染のほぼ2択である。

ここで行うのが比較実験である。
実際に経口感染と経皮感染を予防したりしなかったりして、
どちらが起こっているのか確かめるのである。
すると、経皮感染であることが判明する。
史実では医者が自分の体で実験を行ってたりもする。ヤバい。

また、中間宿主が存在するかどうか、その確認は実は簡単である。
虫卵と水だけで感染がおこるかどうかを確かめればいい。
虫卵か、虫卵から孵化した幼生で感染がおこるのであれば、
中間宿主での変態が必要ない=中間宿主が存在しないことになる。
実際に実験してみると、感染は起こらない。
なので、日本住血吸虫には中間宿主が存在するという事になる。

中間宿主が存在するので、それを探す必要があるが、
本気で再現すると水生生物を列挙してひたすら調べる作業になってしまうので、
水田にも川にもいる巻貝であるという程度の特定で発見されるようにしてある。

ここで発見されるのが、中間宿主であるミヤイリガイだ。

日本住血吸虫の生活環が分かったので、
仕上げにその生活環をぶった切る事にする。

体内の寄生虫に関しては、投薬によって対処することが可能であるが、
寄生虫の死骸や虫卵を除去できないので
これ以上の悪化を防ぐ程度の意味しかない。

なので、体外にいる間に処理をする必要がある。

だが、虫卵からミヤイリガイへの感染を止めるのはほぼ不可能だ。
史実でも改良型肥溜めで虫卵を発酵させて殺したり、
野糞を禁止したりしたが、人間以外からの排泄物から
虫卵が水中に進出してしまう。

なので、残すべきは2つ、
ミヤイリガイを根絶する事と、
ヒトへの感染を防ぐこと。

ミヤイリガイの根絶は、地道に殺貝するしかない。
史実でも、石灰や薬剤の散布、火炎放射を行っている。

そして、ヒトへの感染を防ぐには、水に触れないようにするしかない。
職業柄水に触れなければならない米農家はしょうがないにしても、
そうでない人、特に子供が水に触れることを避けなければならない。

このため、日本住血吸虫の仕組みをわかりやすく解説した多色刷りの絵本
『俺(わし)は地方病博士(ちほうびょうはかせ)だ』が制作され、
県内全域の小学校に配られ、感想文を書くことを義務付けられた。

さらに、子供たちが暑い時に川に入って涼まないように、
小学校へのプールの設置が急がれた。

そして、水に触れる機会を減らし、ミヤイリガイも減らす一石二鳥の手が、
水場を埋め立てる
である。

埋められたミヤイリガイは窒息死し、埋めた場所は水場じゃなくなるのでそこで感染することは無くなる。
史実でも、先祖代々受け継いできた水田だけど、先祖代々から苦しめられた地方病から逃れられるのであればと、
多くの人が水田を止めた。

この中で、正解条件にした2つが、

  • 絵本の配布
  • 水田の埋め立て
    である。

理由としては
絵本の配布は、これによって多くの人に地方病のメカニズムが知られることで、
他のあらゆる手段がスムーズに行われた点で重要であると考えられること。
水田の埋め立ては、ミヤイリガイ殺貝と感染機会減少の一石二鳥の手であると同時に、
県の今に至る農業形態を決定付けたこと。
が挙げられる。

提案された対策のうち、実際に行われたもの

  • 飲料水を煮沸消毒する。(経皮感染なので効果は無いが)
  • 天敵を用意し、捕食させて殺貝する。
  • 紙芝居を作る。(史実では多色刷りの絵本だった)
  • 石灰などの薬剤で殺貝する。
  • 火炎放射器で殺貝する。
  • 水田や湿地を埋め立てる。

提案された対策のうち、実際には行われなかったもの

  • 上水道の整備(地方病対策として行われることがなかったというだけ)

実際に行われた対策だが、提案されなかったもの

  • ミヤイリガイを拾い集める。
  • 野糞を禁じ、糞便は使用前に発酵させる。
  • 用水路をコンクリート化する。(コンクリートを否定したので多分出てこないとは思っていたが)

意図して行ったわけではないが、対策になったもの(提案はされていない)

  • 農業が機械化し、牛馬の代わりにトラクター等が使われるようになったため、
    家畜を原因とする虫卵の排出がなくなった。
  • 高度経済成長期、下水道が未発達であったために合成洗剤が垂れ流しになっていたが、
    その成分がセルカリアに対して強力な殺傷効果を持っていたため、
    川の水の中でセルカリアが活動できなくなり、ヒト等に感染できなくなった。
  • 2本の川
    • 富士川の本流である釜無川と、支流である笛吹川のこと。
  • 飲料水は井戸水
    • なんかよくよく調べてみると川の水を飲んでるっていう記述がチラッと見えた。
  • 米を食べない家畜
    • 家畜も感染するってもっと早く言ったほうが良かったかもしれない。
  • 地方病の家畜は食べない
    • 多分そうだろうと思っただけ。
  • 十二指腸に虫卵が無い
    • 実は「肝臓で産んだ虫卵が胆管を通って腸内に出る」ルートが消えるポイント
  • 深泥虫
    • でも泥かぶれと地方病の関連性がこの時点では証明されていませんよね?
  • 2つの川に共通して生息している生物
  • カニバられるボウフラ
    • トンボの生態を調べていたらヤゴはボウフラを食べると書いてあった。その瞬間彼の運命は決まった。
  • ヒメタニシじゃなくて新種の貝
    • 実はカワニナのほうが似てる。
  • セルカリアを注射
    • 史実では逆に感染直後の幼生を血管内から採取して同定している。
  • エルナトガイ
    • 発見時の質問者がエルナトさんだったからなのだが、謎の語感の良さ。
  • 井戸の中のエルナトガイ
    • ミヤイリガイの生態から侵入可能だと結論付けたが、無駄な描写だったんじゃないかと後悔している。
  • 牛への感染実験
    • スマホつらい。
  • 生態系へのダメージはある程度目をつぶるしかない
    • 実際史実ではホタルが消えたり、水鳥の飛来地が消えたりした。
  • 石灰水
    • 冷静に考えると、硬水を飲むのと同じことが起きるだけか?
  • 逃げます
    • では要望に応えて……。
  • コンクリートは高価
    • 史実でも用水路をコンクリート化して既存のミヤイリガイを埋め殺しつつ新たなミヤイリガイの定着を防ぐ手段を取られたが、
      それが本格的に行われたのはコンクリートの価格が下がってからである。

今回は、構想1日からの見切り発車問題に参加していただき、
誠にありがとうございます。
(もちろん、構想1日とはいえ、行けると思ったから出したわけですが……)
個人的にふりかえってみると、
亀夫君問題の形式ではなく扉形式にして、質問への回答の正確性を保証したほうが
円滑な進行につながったのではと考えていますが、
その点について意見をくださるとありがたいです。
その点以外についても意見をくださるとうれしいです。

それはそれとして、後半ログイン頻度が下がったのは明らかな反省点です。
精進します。

最後に、参加してくださった

Duffy氏
おっ氏
エルナト氏
アーク氏

本当にありがとうございました!


Creator:
Please or to join
Add replay
Patron:
アシカ人参
, with 3 anonymous patrons.
Donate using Liberapay
Cindy