さしもしらじな、揺れる思いを

[ウミガメのスープ]

<<[ウミガメのスープ]Up where we belong

今年はじめての雪が舞うその日。
深雪はまだ少し温もりの残るマフラーを肇に手渡した。
肇は深雪に感謝したが、深雪はすぐに謝った。

一体どうして?


出題者:
出題時間: 2021年1月25日 11:15
解決時間: 2021年1月25日 11:44
タグ:

ガタンゴトンガタンゴトンと揺れる電車。外は寒いが車中はとても暖かい。うとうとしながら、深雪は揺られていた。目的地はまだ先。

プシューッ

扉が開いた。隣の席に座る男が立つ。しかし、男が立った席にはマフラーが残された。

「あ、マフラー忘れてますよ!」
深雪の指摘に気づいた男は素直に深雪に感謝したが、引き留めたその間に扉が閉まった。

「「あ」」
閉まる扉を見やり、そして再び視線を交わす二人。

深雪「・・・すみません」
肇「いえ!次の駅で降りますから!大丈夫です!」

彼女に非はないはずだが、思わず謝った深雪。そんな雪の日の一コマ。

FA:電車の中で忘れ物を指摘している間に扉がしまったから


出題者:
参加するには または してください
パトロン:
アシカ人参
と 匿名パトロン 3 名
Donate using Liberapay
Cindy